1984年ごろの新宿駅東南口「御大典広場」脇の酒場

1984年ごろの新宿駅東南口が続きます。
「昭和天皇即位記念碑」を囲むようにあった飲み屋街、戦後の闇市の名残りで不法占用した店舗が立ち並んで、戦後の猥雑さが残っていた。今なら足を運びたい雰囲気であるが、当時はまだまだ怖くて近づけなかった。

The southeast exit of Shinjuku Station around 1984 continues.
The area surrounding the monument to the Emperor Showa’s accession to the throne was lined with bars and stores that had been illegally occupied as remnants of the postwar black market. It was an atmosphere that I would like to visit now, but at that time, I was still too scared to approach it.

立ち退きも進み「建設省所有地」の看板も建てられ造成を待つ広場、監視のための詰所が2箇所もある。
1994年に、この小山を切り崩して現在の東南口広場ができた。

The eviction has progressed and a sign saying “Land owned by the Ministry of Construction” has been erected, and there is a plaza awaiting construction and two monitoring stations.
In 1994, this small mountain was cut down to create the current Southeast Exit Plaza.

インスタには他にも懐かしい昭和の新宿、渋谷などの写真を比較掲載してます、ご覧下さい。
instagram.com/kiichiro.photo

I also have other photos of Shinjuku and Shibuya in the Showa era on Instagram for comparison.

『東京タイムスリップ1984⇔2021 』
善本喜一郎著(河出書房新社)2020円

ヨドバシドットコムさんは全国送料無料(国内)です。
https://www.yodobashi.com/product/100000009003409823/

発売から1週間で重版出来!(6/2)→現在三刷中!
紀伊國屋書店 新宿本店 1位!(芸術)
紀伊國屋書店 新宿本店 週間ベストセラー 3位!(単行本)(6/14)
ヨドバシドットコム 1位!(写真集)
Amazon ベストセラー 1位!(写真家の本)
風景hontoランキング第1位!(丸善、ジュンク堂、文教堂)

コメントは受け付けていません。