profile

善本喜一郎(よしもときいちろう)

写真家
株式会社 ヨシモト 代表取締役 ・Studio KiPSY 代表
〒141-0032 東京都品川区大崎3-6-21-603

APA 公益社団法人日本広告写真家協会 業務執行理事 副会長
宣伝会議「編集・ライター養成講座」講師
宣伝会議「フォトディレクション基礎講座」講師
事業構想大学院大学 講師

インスタグラム「Tokyo Timeslip」
1980年代の写真と現在の写真、新旧の対比でご覧いただけます。
Tokyo in the mid 1980s and today- swipe to see.
Shows nostalgic scenery of Showa.
Showa is one of the Japanese eras. From 1926 to 1989.
https://www.instagram.com/tokyo_timeslip/

インスタグラム「身近な絶景」
自宅から1000m以内の深大寺、神代植物公園の風景「身近な絶景」掲載。
The scenery of Jindaiji Temple and Jindai Botanical Park within 1000m from home is posted.
https://www.instagram.com/kiichiro.yoshimoto/

文句なしに面白い写真集だ。飯沢耕太郎 (artscapeレビュー)

タイムマシーンのような本で、すごく面白い写真がたくさん。藤原ヒロシ
『JUN THE CULTURE』J-WAVE (6/5)

発売から1週間で重版出来!(6/2) 2023年1月現在 7刷中!
紀伊國屋書店 新宿本店 1位!(芸術)
紀伊國屋書店 新宿本店 週間ベストセラー 3位!(単行本)(6/14)
ヨドバシドットコム 1位!(写真集)
Amazon ベストセラー 1位!(写真家の本)
風景hontoランキング第1位!(丸善、ジュンク堂、文教堂)

『東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022 』(河出書房新社)
https://amzn.to/3JVrh19
ヨドバシドットコム 第1位(写真集)
紀伊國屋書店ベストセラー第1位(アート写真集)
Amazonベストセラー1位(写真家の本)
https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309291857/

2022.10.14 重版出来!  2023年1月現在3刷中!

結局、写真は人類と世界、そして時間の、もっともアクチュアルな記念、記憶、記録だ!!ということを、そして写真に在るポテンシャルを識るばかりです。Daido(森山大道)
After all, photography is the most actual memorial, memory, and record of mankind, the world, and time! I am only getting more aware of this and the potential that exists in photography. Daido Moriyama

KIICHIRO YOSHIMOTO

Photographer
Yoshimoto Co., Ltd.
the representative director
3-6-21-603 Ohsaki Shinagawa-ku Tokyo Japan 141-0032

Japan Advertising Photographers’ Association vice president
Japan Photographic Copyright Association Director
“Editor / Writer Training Course” Lecturer(Sendenkaigi Co.,Ltd)
“Photo Direction Basic Course”Lecturer(Sendenkaigi Co.,Ltd)
Adobe Blog “Selecting a photo changes eyes. Photo literacy basic course”

善本喜一郎「日々の写真と。もっと。」見慣れた風景を作品にそしてカタチに/富士フイルム

写真展

2022年
「東京タイムスリップ1984⇔2022」(OM SYSTEM GALLERY 2022.12.15〜26)

写真展最終日に滑り込み。街が進化の名の下に無機質、均質化していく様がありありと描かれていて衝撃的。
もはや記録の域を超えてる。写真集が売れるのも納得ですな。
編集者として嫉妬するぐらい、素晴らしい作品集ですよ!
佐々木広人氏 twitterより引用
編集者。週刊朝日副編集長、アサヒカメラ編集長、AERA dot.編集長を歴任。

”PHOTO IS “想いをつなぐ。あなたが主役の写真展2022「心に響いた100選」@東京ミッドタウン六本木+富士フイルムスクエア2022.9グランフロント大阪 2022.9
「9人のプロ写真家によるラージフォーマットの世界」(富士フイルムイメージングプラザ東京2022.5)
富士フィルムイメージングプラザ大阪(2022.6.29~7/18)、フジカラーギャラリーかなざわ2022.8.8〜20)

2021年
KAPA PHOTO FESTIVAL 2021 Online exhibition(Korea Advertising Photographers Association 2021.11)

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。あなたが主役の写真展 2021」特別企画「心に響いた100選」(FUJIFILM)
「東京タイムスリップ 1984⇔2021」発売記念写真展 (オリンパスプラザ東京 2021.8)

「東京タイムスリップ 1984⇔2021」河出書房新社 発行記念インスタレーション&ミニ写真展(紀伊國屋書店本店2021.5)

2020年
ボケフォトファングループ展2020(キヤノンオープンギャラリー2020年12/25~2021年2/2)
4人の写真家によるOM-D E-M5 Mark III 作品展(オリンパスプラザ東京 2020.10・オリンパスプラザ大阪 2020.11 )
「鮮やかなモノクローム」-プロフェッショナルが描く黒白の世界-(FUJIFILM SQUARE 2020.10)
A HUNDRED PHOTO EXHIBITION いつか必ず開かれる写真展(web展覧会)

2019年
私とPENの10年 10人展(オリンパスギャラリー東京・大阪)
広告写真家が撮る OM-D E-M1X の世界(オリンパスプラザ東京)
「善本喜一郎写真展 JINDAIJI The Four Seasons 身近な絶景」(オリンパスギャラリー東京)

2018年
プロ写真家達による写真展「フリーハンド」(富士フィルムイメージングプラザ)
「広告写真家が撮るF1.2PROレンズの世界」(オリンパスプラザ東京・大阪)
「広告写真家が使うD850」(ニコンプラザフォト・プロムナード新宿、大阪、名古屋)

2016年
「善本喜一郎写真展 JINDAIJI The Four Seasons」(オリンパスギャラリー東京)
「OLYMPUS PEN-F × 写真家9人展」(オリンパスプラザ東京)
monochrome XII『River “川”』出展(Gallery E&M)

2015年
monochrome X「My Best One」出展(Gallery E&M)
monochrome XI「Portarit」出展(Gallery E&M)
「裸って何? 現代日本写真家のヌードフォト2015」出展(ギャラリー新宿座)

2013年
monochrome VIII「Rain…(雨)」出展(Gallery E&M)
monochrome IX「night…夜」出展(Gallery E&M)

2012年
monochrome VI「TOKYO」出展(Gallery E&M)
monochrome VII「Snap Shot “flaming 2:3″」出展(Gallery E&M)

2011年
monochrome IV「絞り-開放」出展(Gallery E&M)
monochromeV「Self – Portrait」出展(Gallery E&M)

2010年
「プラチナ de 写真展」出展(山手西洋館「エリスマン邸」)
日本広告写真家協会50周年展「Made in Japan」展出展(富士フォトサロン東京)

2006年
「写真家という仕事」善本喜一郎ブログ写真展(スタジオKiPSY)

2004年
日本広告写真家協会 APA2004新入会員展覧会出展(富士フォトサロン)

1985年
善本喜一郎写真展「写真への旅」(ギャラリーさくら組)

1984年
善本喜一郎写真展「写真日録」(ギャラリーさくら組)

審査員 ・選者等
キヤノンフォトサークル 2023年度マンスリーフォトコン選者(キヤノンマーケティングジャパン)
「“PHOTO IS”想いをつなぐ。あなたが主役の写真展 2022」特別企画「心に響いた100選」(FUJIFILM)

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。あなたが主役の写真展 2021」特別企画「心に響いた100選」(FUJIFILM)
APAアワード2011、2012、2013 広告作品部門(公益社団法人日本広告写真家協会)
APAアワード2014、2015、2016 写真作品部門(公益社団法人日本広告写真家協会)

東京大マラソン祭り「フォトコンテスト」(東京観光財団)
全国カレンダー展(日本印刷産業連合会 

2014〜2022)
「夢をかなえる」子どものフォト大賞:日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会

実績
北島康介Arena2002シリーズ広告で『年鑑日本の広告写真2004』入選掲載
2002年フォトキナ(ドイツで2年に1度開催される世界最大規模の映像関連総合見本市)
富士写真フイルムブースにて作品展示
ティップネス広告写真で『年鑑日本の広告写真2006』連続入選掲載
『年鑑日本の広告写真2007』三連続入選掲載
JTB「旅へ」広告写真でAPAアワード2009広告作品部門入選
APAアワード2020写真作品部門入選

クライアント
トヨタ自動車、ホンダ技研工業、ソニー、パナソニック、日立製作所、三菱モーターズ、カシオ、富士フイルム、オリンパス、三菱電気、DIC、JTB、デサント、ワコール、ミズノ、サントリー、キリンビール、シャネル、三井不動産、三菱東京UFJ銀行、ティップネス、YEBISU(サッポロビール)、JT、Joel Robchion、ドリーミュージック、PHP研究所、KADOKAWA、アドビシステムズ、クレディーセゾン、UCカードほか

略歴
善本喜一郎(よしもときいちろう)
1960年生まれ、東京写真専門学校(現ビジュアルアーツ)で森山大道、深瀬昌久に学ぶ。
1983年、平凡パンチ(マガジンハウス)特約フォトグラファーとなり表紙からグラビアとあらゆるものを撮影した。その後もマガジンハウス各誌(ブルータス、ポパイ、ターザン、ハナコ、リラックス他)で活動。また、講談社、小学館、朝日新聞、徳間書店、日経BP社、リクルート、ぴあ、アシェット婦人画報社、などでも活動。

その後、タイアップ広告を数多く撮影し2004年に広告写真家としての登竜門「年鑑日本の広告写真」に北島康介Arena 2002 広告で入選(以後APAアワード広告作品部門含め三連続入選)。これを契機に(APA)日本広告写真家協会会員となり、現在は同協会 業務執行理事副会長としても活動。

2002年、ビジネスポートレイトに特化した「フォトスタジオKiPSY(キプシー)」を設立し多くの経営者や著者を撮影している。

2008年より宣伝会議にて「編集・ライター養成講座」にて編集者やライターを目指す受講生に写真の基礎を教えている。2015年からは企業の広報担当者を対象にした「フォトディレクション基礎講座」の講師も務めている。いずれの講座も写真に関する技術的なことはもちろん、それ以上に「写真を撮るとは、ビジネスシーンに求められている写真とは」その方法論を経験に基づき教えている。

フォトディレクション基礎講座(宣伝会議)

セミナー、講演、メディア

宣伝会議 編集ライター養成講座(2008〜)
宣伝会議 フォトディレクション基礎講座(2015〜)
じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座(2010〜)協力:オリンパス
Adobe Blog 連載「写真を選ぶ目が変わる。フォトリテラシー基礎講座」(2019)
・淑徳大学人文学部 編集表現コースにて特別講義(2015〜2019)

「諏訪道彦のスワラジ」(文化放送 超!A&G+ 2023.2)
風景で比べる今と昔!(よじごじDaysテレビ東京 2023.1)
おしょうバズTV2023「昔の街の写真から今の場所を探す旅」写真協力(テレビ朝日 2023.1)

2022年発売本から選ぶ「私のベスト3」作家・片岡義男(週刊朝日2022.12)
「出没!アド街ック天国」新宿3丁目特集(テレビ東京2022.12)
“失われそうな風景、人が見過ごしてしまっている空間”……善本喜一郎写真展「東京タイムスリップ 1984 ⇔ 2022」(デジカメWatch 2022.12)
ドヤ街、ストリップ小屋、タイガーマスク…都会の“タイムスリップ”を撮り続ける写真家・善本喜一郎(AERA dot.2022.12)
1980年代の東京の風景と現在を同位置から「東京タイムスリップ 1984⇔2022」(IMA ONLINE 2022.12)
同じ場所を比べて見よう! 東京の変化が一目でわかる「東京タイムスリップ 1984 ⇔ 2022」(CAPA web2022.12)
「玉ちゃんの酔滸伝」〝あの頃〟にタイムスリップ・・・by 玉袋筋太郎(zakzak by夕刊フジ 2022.12)
「プロモーションさん、いらっしゃ〜い!」たまむすび(TBSラジオ 2022.12)
宣伝会議「社内クリエイター養成講座」事業構想大学院大学・文部科学省リカレント推進事業(2022.11)
「もっと楽しむ東京タイムスリップ写真術」(下北沢本屋B&B 2022.11)
『有栖川写真Club』(有栖川宮記念公園2022.11)
コンテスト審査員の立場から見る作品作りのポイント(OM SYSTEM ゼミ2022.11)
『渋谷・東急本店 昭和青春グラフィティー』(2022.11)
東京タイムスリップツアー(よじごじDays テレビ東京 2022.11)
「”PHOTO IS “想いをつなぐ。あなたが主役の写真展2022」富士フィルム2022.9
善本喜一郎「日々の写真と。もっと。」見慣れた風景を作品にそしてカタチに/富士フイルム2022.7
・フォトディレクション研修講座公益財団法人東京都公園協会2022.7)
「東京タイムスリップ」日本橋三越 カルチャーサロン2022.7
時間を超えて「東京」の魅力を味わおう!(アカデミーヒルズLIBRARY PODCAST2022.6)
写真整理まつり(写真整理協会主催 2022.6)
多くの人を魅了している写真集(CAPA6月号)
写真と映像でこの街を記録する2人が当時を語り合う。BRUTUS(ブルータス)6/1号(2022.5)
・春日市シティプロモーション講座「プロが伝える写真術」(福岡県春日市 2022.5)
OM SYSTEMで撮る 身近な絶景(OM SYSTEM ゼミ2022.4)
「なぜ今、レトロなものに心惹かれるのか」(月刊ブレーン5月号 2022.4)
FEATURE ヨシモトキイチロウ(コマーシャル・フォト4月号 2022.3)
「よりディープに、2020年代から1980年代の東京へタイムスリップ。」(カーサ ブルータスCasa BRUTUS)(2022.3)
FUJI FILM GFX 50S II「9人の写真家によるインプレッション」(APA YouTube2022.2.22)
江戸川区シティプロモーション講座「プロが伝える写真術」(江戸川区 2022.1)
おしょうバズTV「昔の街の写真から今の場所を探す旅」写真協力(テレビ朝日 2022.1)

『東京タイムスリップ1984⇔2022』(CAPA2022.1月号)(2021.12)
・【街をつくる人 × 街を撮る人】トークセミナー・写真集「東京タイムスリップ1984-2021」の裏側(APA中部支部2021.11.23)
・『有栖川写真 club』(東京タワー 2021.10) 
「社内クリエイター養成プログラム」(事業構想大学院大学 福岡 2021.9)
「散歩の達人」9月号「LOVE鉄道!」スピンアウト(YouTube配信)(2021.8.28)
「Back in 1984――駅前タイムスリップ」散歩の達人9月号(2021.8)
プリントすると写真の表現力が1ランクアップする「Canon PRINTING STYLE」Type.G 渡部さとる×善本喜一郎(デジタルカメラマガジン)
「東京タイムスリップ1984⇔2021(SPECIAL GALLERY デジタルカメラマガジン9月号 2021.8)
同じ場所がこんなに変わった!東京の変化を比べて楽しめる(CAPA CAMERA WEB 2021.8.16)
・ 当時を知らない人には発見が、同時代を東京で過ごしてきた人には懐かしい、まさにタイムスリップ体験だ。(日刊ゲンダイ2021.8.6)
「時空を活写」写真家 善本喜一郎(夕刊フジ ”ぴいぷる” 2021.7.2)
『有栖川写真 club』(有栖川宮記念公園 2021.6)
『東京定点観測 1984→2021』(FLASH 光文社)(2021.6)
飯沢耕太郎×善本喜一郎「昭和から平成へ~東京タイムスリップツアー」(下北沢本屋B&B配信)(2021.6)
《秘蔵写真》新宿、上野、浅草…1984年→2021年で激変した“光景” 同位置・同角度の写真で“東京”を見比べる(文春オンライン)
『東京タイムスリップ1984⇔2021』を見て思うこと。藤原ヒロシ『JUN THE CULTURE』J-WAVE (2021.6)
artscape 2021年06月01日号(artscapeレビュー)善本喜一郎『東京タイムスリップ 1984⇔2021』|飯沢耕太郎
「中村京子のまだまだ飲み足りない」ゲスト出演(YouTube配信)(2021.5)
「東京タイムスリップ1984⇔2021」発刊記念トークショー&サイン会(ヨドバシカメラアキバ)(2021.5)
“This is who I am” Vol.9| Kiichiro Yoshimoto(YouTube RYUZIN (2021.5)
「1980年代と2020年代─東京の写真が記憶を呼び起こす。」(カーサ ブルータス CasaBRUTUS)(2021.5)
「東京の40年前と現在の姿を重ねて見せてくれる広告写真家」「山岸伸 世界の光の中で」CAPA4月号(2021.3)
「山岸伸 世界の光の中で」ゲスト(youTube)(2021.3
「善本喜一郎インタビュー」(GOODandMORE主催)(2021.3)
テレ朝「おしょうバズ」「昔の写真から今の場所を探す」写真協力(2021.1)

紅葉を撮ろう!いまどき簡単写真教室(有栖川宮記念公園)(2020.12)
広報担当者のための写真撮影 心構えとテクニック(広報会議10月号)(2020.9)
デジカメさんぽの達人になりたい(散歩の達人9月号)(2020.8)

・オリンパスOM-D E-M5 Mark III の魅力について語るスペシャルムービー(2020.7)
 第1話「身近な絶景を探そう」
 第2話「水鏡撮影のカメラ設定と撮影術」
 第3話「私のお勧めレンズ紹介」

最高クラスの性能を凝縮 オリンパスOM-D E-M5 Mark III(フォトコン8月号)(2020.7)
カメラを持って 1000歩DE散歩(写真ライフ)(2020.6)
・ 「広報用写真をスマホで撮るコツ」JICA(独立行政法人国際協力機構)(2020.7)
自然光ポートレイト撮影ワークショップ( 2020.3
早春の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ(2020.2)

・「写真を選ぶ目が変わる。フォトリテラシー基礎講座」Adobe Blog 連載(2019〜2021)
紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ(2019.12)
深大寺 神代植物公園 善本喜一郎・小川義文と歩く撮影ワークショップ(2019.11)
世界最高1億2百万画素のラージフォーマットカメラ「FUJIFILM GFX100」(APA2019.10)
最新ソフトウエアアップグレードしたソニー デジタル一眼カメラ“α”(APA2019.4)
リコー GRIII WORLD (日本カメラMOOK)
ビジネスに役立つリコーGR ワークショップ(リコーイメージング)
私とPENの10年10人展 トークショー(オリンパス2019.6)
OM-D プレミアム撮影会(オリンパス2019.6)
広告写真家が撮るOM-D E-M1X の世界スペシャルトークショー( 2019.6)
新緑の深大寺、神代植物公園撮影ワークショップ(オリンパス 2019.4)
カメラマン最前線(月刊カメラマン3月号)2019
SNSを活用したプロフォトグラファーのブランディング術(CP+ 2019 APA) 
ヨドバシカメラ x OLYMPUS プロカメラマンセミナー(2019.2)
ON THIS DAY J-WAVE TOKYO MORNING RADIO 別所哲也(2019.1)
「三井広報委員会」でフォトディレクション基礎講座
・フォトスキルアップ特別講座(オリンパス技術開発センター石川)

2014年以前
・『プロフォトグラファーのためのビジネスセミナー』リコーイメージング
・『大阪市役所 広報研修 担当者が知っておくべき写真撮影の基礎研修』
・「広報担当者必読!失敗しない写真撮影のポイント」(月刊総務)
・「広告写真家によるペンタックス645Zインプレッション」Pentax Ricoh Family Club)
・”photografille ~Cameraと女子大生のYOKOHAMAデート?
(フォトヨコハマ2014パートナーイベント)ディレクション
・「Y列車で行こう!」トークショー(ヱビスビール記念館)
・発想・私の広告観 善本喜一郎(広告写真家)(月刊宣伝会議)
・女子学生が社会課題の解決に挑むプロジェクト「ハナラボ」講師
(横浜市、横浜市芸術文化振興財団、NPO法人ハナラボ主催)
・「APA広告写真家講座」(CP+・フォトヨコハマパートナーイベント)
・「未来を考える君へ 65人のしごと選び」(さくらプロジェクト出版記念報告会講演)
・プロに聞く広報誌のつくり方「写真」を効果的に掲載する(月刊広報会議)
・「編集会議.com」プロのおススメの本掲載
・「編集会議.com」で「編集者・ライターのための連載写真講座」コラム連載
・伊勢丹立川店スペシャルイベント「Photoワークショップ」
・ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)TVインタビュー

2009年 3月 森山大道氏をお招きしAPAアワード2009シンポジウム「日々の視界にあらたな発見」企画コーディネイト&司会を務める

善本喜一郎への撮影、ワークショップ、セミナー、取材ご依頼は
以下お問い合わせフォームよりお気軽にどうぞ。


    コメントは受け付けていません。