「節分」に向けて(深大寺)

今朝の深大寺山門からの眺めです。山門脇の早咲きの梅が咲いています。境内では2月3日(月)の節分会豆まき式に向けて、本堂前に特設舞台の設置準備が進んでいました。

「節分」とは、季節を分けるという意味があります。四季それぞれの変わり目はすべて「節分」ですが、特に立春の前日を重んじます。これは立春をもって新たな年、その前日を年越しとする考えがあるからです。新たな年を迎えるにあたり、邪気、魔物を払ってしまおうという意味が節分にはあるのです。
https://www.jindaiji.or.jp

⭐︎⭐︎⭐︎
3月8日(日)スタート! 全4回
善本喜一郎主宰「じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座」第11期 募集開始!
編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象
12名限定(先着順)、協力:オリンパス株式会社