リフレクション(水鏡)深大寺 五大尊池

彩度は上げていません!笑

本日の深大寺 五大尊池に映る紅葉リフレクションです。みごとな冬晴れ、真っ赤に燃える紅葉と、紺碧の青空のコントラスト。よく見ていただくと池の鯉も泳いでいます。
深大寺、神代植物公園の紅葉はまだまだ楽しめます。

リフレクションTips:
お天気(光と影)、紅葉(色)、視座(入射角、反射角、屈折)、タイミング(時間)

【御礼】善本喜一郎「紅葉の深大寺 神代植物公園撮影 ワークショップ」

今日は朝から見事な冬晴れ!深大寺、神代植物公園の紅葉もピークです。
朝から多くの参拝客やカメラマンも多く賑やかです。

善本喜一郎「紅葉の深大寺 神代植物公園 撮影ワークショップ」第1回~第3回は無事終了いたしました。参加頂いた皆様ありがとうございました。昨日の第3回では「紅葉と雪」の深大寺、神代植物公園となるかと思うほど寒かったですが、寒さ吹き飛ぶ熱気にあふれたワークショップでした 笑
講評 プリントワークショップは12/14(土)は定員となりましたが、15(日)は若干名様ご予約承れます。(撮影ワークショップに参加された方限定です。)ご興味ある方は是非。

昨晩は「編集ライター養成講座(宣伝会議)39期」の修了式懇親会でした。僕は講師として1コマしか授業は担当していませんが、写真に興味があって覚えてくれていた修了生も多く、楽しく美味しいお酒が呑めました。

ドラゴン(龍)のような木(神代植物公園)

今日はカラッと冬晴れですが、スタジオで撮影、打ち合わせと続いてます。写真は先日のワークショップ時に撮影、ドラゴン(龍)のような木。

「紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ」第1回目、2回目参加者の方々から嬉しいご感想いただきました。まずは3名様ご感想ご紹介させていただきます。

善本喜一郎氏のワークショップの魅力は大きく3つです。 by 今野 誠一 様(第一回目参加)

1. 講演会のよう

単にテクニックを教えるのではなく、写真への向き合い方を教えてくださるところです。

「撮ろう、撮ろうとしないこと」

「撮るのは後で、せっかくの景色や空気や音を“感じる”こと。“味わう”こと」
すぐに「撮ろう」として、構図やカメラの設定にばかり頭が行きます。
今回も感じることを優先しました。

単に技術指導をするのではなく、まるで講演会に来ているように名言が出ます。
技術指導は、し過ぎず、物足りもなく、とてもいい塩梅なんですよ。

2.彼の作品が見れる

神代植物公園を題材にした作品の個展をし、カレンダーも作っているぐらいですから、彼自身の四季の作品の蓄積がすごいわけです。

ワークショップ中、ポイントポイントで、そこで撮った彼の作品を見せながらの解説を聞くことができます。
これはとても贅沢な瞬間です。
もちろんそれを超えることはできませんが、大いなるヒントとなり自分の作品のレベルは確実に上がります。

3.観光案内付き

何しろ、深大寺・神代植物公園は自宅の庭のようなもの(数分のところにお住まい)ですので、地域密着度がすごいです。
ワークショップの道々、地域の特性や歴史などの解説を聞くことができます。
このことはとても重要なことで、神代植物公園への愛着が深まり、心を込めて撮影に取り組むことにつながるのです。

ーーーーー
第1回目参加女性 S.F様
写真の撮り方だけでなく、深大寺のことも色々と知れて、
たっぷりあったはずの講座の時間があっという間に感じました。
太陽が出ず小雨も降っていて写真は撮りにくい天気でしたが、
そんな天気での撮影のコツを知ることができたので、今後、天気が悪い日の撮影も楽しめそうです。

ーーーーー
第2回目参加 渡辺 征直 様
目からウロコ、まさにその通りになりました。
技術や視点はもちろんですが、個人的には「インスタのギャラリーでその人の好み分かる」
という一言がとても衝撃的でした。
わたしのギャラリーはどうしても「映え」を意識して彩度を必要以上に上げてみたりと、
いわば厚化粧しまくっていたことが とても恥ずかしく思えてしまい、一から出直したい
気持ちでいっぱいになっています。
これからは自分の見せたい(魅せたい)ような投稿をしていこうと思いました。
そういう意味で本当に有意義な時間でした。
これからもどうぞよろしくおねがいします。

ーーーーー

紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ次回12/7(土)が今季最終回です。
若干名の参加ご予約承ります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。講評会・プリントワークショップも12/15(日)と合わせてどうぞ。詳しくは以下リンクよりご覧ください。

紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ(第2回)

【御礼】本日は「紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ」でした。熱心な受講生に恵まれ楽しい1日でした。ご参加いただいた皆さまありがとうございました。皆さまに写真の楽しさ面白さが伝わり、上達が実感できていることを願っております。

「紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ」次回(今期最終回)12/7(土)若干名の参加ご予約承ります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。12/15(日)講評会、プリントワークショップもご予約承れます。詳しくは以下リンク、またはプロフィールよりご覧ください。

撮影:小林 仁 氏
撮影:小林 仁 氏

【御礼】紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ

本日は「紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ」でした。時折、小雨が降ったりと寒かったですが、熱心な受講生に恵まれ楽しい1日でした。

月に数回しか立ち入ることができない都立農業高校神代農場の一般公開日。三方を崖に囲まれた谷戸という地形を活かした神代農場、昔の武蔵野が保たれています。

谷戸は先人の知恵と自然のシンフォニー、農作業による二次的自然で動植物の生息域が維持されています。貴重な武蔵野の原風景を堪能しつつの撮影ワークショップでした。
ご参加いただいた皆さまありがとうございました。
皆さまに写真の楽しさ面白さが伝わり、上達が実感できていることを願っております。

ベストな紅葉シーズンに撮影ワークショップ開催!

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。

おかげ様で次回12/1は定員となりました。12/7(土)のみ若干名の参加ご予約承ります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。詳しくは以下リンクよりご覧ください。

池の谷戸(神代農場)

(2017.12撮影)

気温が急降下、年末並みの寒さでした。深大寺の紅葉も進んでいます。写真は都立農業高校 神代農場です。
豊かな谷戸(やと)の森です。谷戸の特徴は三方を崖に囲まれていることです。武蔵野台地の谷戸では、谷戸田が営まれていました。ここ神代農場ではワサビ田もあります。東京都市部でワサビ畑がみられるのはここだけです。ワサビは冷たく清らかな水の流れがないと育ちません。
いよいよ、明日から3回開催!

ベストな紅葉シーズンに撮影ワークショップ開催!

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。おかげ様で、明日11/28、12/1は定員となりました。12/7(土)のみ若干名の参加ご予約承ります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。詳しくは以下リンクよりご覧ください。

気温が急降下、 紅葉も進みそうです。

今日の神代植物公園です、気温が急降下、年末並みの寒さでした。
紅葉も進みそうです。

いよいよ、今週から3回開催!

ベストな紅葉シーズンに撮影ワークショップ開催!

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。まだ若干名の参加ご予約承ります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。詳しくは以下リンクよりご覧ください。

濡れた紅葉はしっとり艶やか(深大寺)

今日の深大寺です、小雨に濡れた紅葉はしっとり艶やかです。
いよいよ、今週から3回開催!
ベストな紅葉シーズンに撮影ワークショップ開催!

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。詳しくは以下リンク、またはプロフィールよりご覧ください。

紅葉の五大尊池(深大寺)

今朝の深大寺、本堂脇にある「五大尊池」に映る紅葉です。深大寺も日ごとに木の葉が色づいてます。
いよいよ、来週から3回開催!
ベストな紅葉シーズンに撮影ワークショップ開催!

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。
写真のような水鏡(リフレクション)撮影のコツなど、ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。詳しくは以下リンクよりご覧ください。

善本喜一郎 紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ

申し込み状況
11/28:12名様、12/1:12名様、12/7: 9名様
各日あと3~4名様のお申込み承れます、ご興味ある方は是非、紅葉の深大寺へ^_^

100歳時代の旗手・江戸絽刺し職人 渡辺靖子さん(72歳)

UCカード会員様向け会報誌『てんとう虫』・セゾンカード会員様向け会報誌『express』2019年12月号、シルバー世代の輝く人に充実ライフの秘訣をうかがう「100歳時代の旗手」(文:石川拓治、写真:善本喜一郎)

奈良時代に中国から日本に伝わったと言われる絽刺し。
千二百年の歴史を持つこの古代の手芸を継承するため、
70歳を過ぎて職人の道を歩み始めたという。
渡辺靖子さん(江戸絽刺し職人 72歳)

趣味でやってる人は上手くても
一代限りで終わってしまう。
それがつくづくもったいないと。

UCカード会員様向け会報誌『てんとう虫』・セゾンカード会員様向け会報誌『express』
今号特集は「果敢に、アインシュタイン」です。

このようなインタビュー撮影時のコツを伝授いたします。
12月21日(土)より開催、全4回

『じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座』は「カメラの楽しみを学ぶ」「眠っている感性を目覚めさせる」ことを目的に、デジタルカメラの基本的な使い方や、各場面に応じた撮影のコツを善本喜一郎が伝授いたします。撮影実習は、人物・店・名所取材を想定した内容となっているため、編集者やライターとしての撮影スキルを身に付けることが出来ます。もちろん「カメラや写真に興味がある」「日常のワンシーンを撮影したい」という方も大歓迎です。また、最終講義では卒業制作として、各々のベストショットでフォトブックを作成します。4回分の講義の成果を、集大成として形に残すことが出来ます。参加者1人1人に密な指導をするために、12人限定の少人数講座とさせて頂きます。
先着順となりますので、内容をご確認の上お早めにお申し込みください。
みなさまのご参加をお待ちしております!