Adobe Blog 善本喜一郎連載スタート!  フォトリテラシー基礎講座

Adobe Blog 善本喜一郎連載スタート!
写真を選ぶ目が変わる。フォトリテラシー基礎講座 ♯1 ー なぜ写真素材を使うのか? ♯AdobeStock

「数あるストックフォトの中で効果的な一枚を選ぶには?」をテーマに、みなさんのフォトリテラシー(=写真を読み解く力)が上がるような基礎知識をお伝えします。
フォトグラファーの視点を知ることで、写真素材を選ぶ目は確実に変わるでしょう。

新緑の深大寺、神代植物公園撮影ワークショップ

善本喜一郎「新緑の深大寺、神代植物公園撮影ワークショップ」(一回講座)
善本喜一郎写真展「JINDAIJI 身近な絶景」の舞台となった深大寺、神代植物公園での新緑の撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。


【開催日時】
2019年4月13日(土)
2019年4月21日(日)
詳細、ご予約はオリンパスwebサイトから承ります。

【事前告知】「新緑の深大寺、神代植物公園撮影ワークショップ」(一回講座)

善本喜一郎写真展「JINDAIJI 身近な絶景」の舞台となった深大寺、神代植物公園での新緑の撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。当日はカメラボディ、レンズともにオリンパスより貸出も有ります。M.ZUIKO DIGITAL F1.2単焦点レンズを使い、身近な絶景を探しましょう。
2月にヨドバシカメラ秋葉原にて「JINDAIJI」を主としたイベントやらせていただいきました。 今回もヨドバシカメラさんに告知ご協力いただきます!ありがとうございます!

善本喜一郎「新緑の深大寺、神代植物公園撮影ワークショップ」(一回講座)
主催:オリンパス 告知協力:ヨドバシカメラ
日程
4/13(土) 11:00~16:00
4/21(日) 11:00~16:00
詳細はオリンパスサイトに近日公開いたします!お楽しみに!
写真は前回の様子です。

陰翳礼讃

神代植物公園梅園内にある数奇屋造りの休憩所の連子窓から見える梅。(3/5撮)
日本人の精神性や美意識を、陰翳という切り口から書かれた谷崎潤一郎「陰翳礼讃」を思い出す。

「われわれ東洋人は何でもない所に陰翳を生ぜしめて、美を創造するのである。(中略)われわれの思索のしかたはとかくそう云う風であって、美は物体にあるのではなく、物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にあると考える。夜光の珠も暗中に置けば光彩を放つが、白日の下に曝せば宝石の魅力を失う如く、陰翳の作用を離れて美はないと思う」。(本文より)

物そのものではなく、物と場の相対的関係から生じる美。

落椿

camellia
寒い冬に常緑で日陰でも花を咲かせる花、椿。
その強く、けなげな美しさは古来より愛され、
神の依代となり春の訪れを告げる木とされていました。

CP+パートナーイベント・APA写真展

CP+パートナーイベント APA展(みなとみらいギャラリー)

明日より開催!(入場無料!)
CP+メイン会場、パシフィコ横浜へ行く途中にある「みなとみらいギャラリー」で開催!
CP+行き帰りに是非お立ち寄りくださいませ!

広告を中心に活躍する写真家たちの団体、APAが主催する公募展APAアワードより、2017、2018年「経済産業大臣賞」2018年文部科学大臣賞をはじめとする受賞作品や、2018年にAPAへ入会した22名の作品を展示。また、全国造形教育連盟とAPAが行なっている小中学生を対象とした実践授業「図工・美術授業にカメラ」の集大成である「全国学校図工・美術写真公募展」2017年、2018年「文部科学大臣賞」他受賞作品も展示しています。

公益社団法人 日本広告写真家協会(APA)写真展
みなとみらいギャラリー
2月28日(木)~3月3日(日)
[展示時間]11:00~19:00(最終日は18:00まで)
https://www.mmgallery.jp/exhibition.html

80年代の新宿(ゴールデン街)

1980年代前半のゴールデン街、新宿遊歩道公園『四季の路』側の入口
花園神社に隣接し、かつて戦後の闇市があった場所50メートル四方の一角に200店以上の多種多様なお店がひしめきあっているディープな飲み屋街です。
『四季の路』は靖国通りから大久保車庫に向かう都電の回送線用専用軌道の跡です。
ここを抜けて路地なかほどにある「中村酒店」の京子ママとは「平凡パンチ」時代からの馴染みです。笑
写真は酒店5周年(2007年)記念時に撮ったものです。

初ゴールデン街は写真学校時代に森山先生、深瀬先生に授業後に連れて行っていただいた。そこでは、編集者、作家、写真家たちが夜毎激論を交わしていました、僕はそれを眺めていただけですが・・笑
その後、平凡パンチ時代は、歌舞伎町取材の後は必ずゴールデン街で反省会?いや編集会議、朝まで呑んでいたものです。いまや、東京で街の姿がこんなに変わっていない場所も珍しいと思います。今では外国人の人気観光スポットとなっております。

広告写真の今がわかる!年鑑日本の広告写真2019

表紙は特選賞の「神泡」三態 サントリービール(株) 撮影:蓑田 圭介 


年鑑 日本の広告写真 2019(玄光社)の予約受付が始まりました!

広告写真の今がわかる!
日本広告写真家協会が主催する「APAアワード2019」入賞・入選作を収録!
時代をリードするフォトグラファー、
クリエイターが探せる1冊です。

●「広告作品部門」の入賞・入選作303点を収録
●「特別招待作品」として公募外の優れた広告32点を掲載
●「APAアーカイブス」の第三回目は、上田義彦氏の名作17点を掲載
●「写真作品部門」の入賞・入選作252点も同時収録
●入賞・入選作の制作に携わったスタッフのクレジットを掲載

監修:公益社団法人日本広告写真家協会

APAアワード2019展覧会・第十回「全国学校図工・美術写真公募展」
会 場 東京都写真美術館 地下1階展示室(東京都写真美術館HP)
東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内  TEL03-3280-0099
会 期 2019年3月2日(土)~17日(日)
[開館]10:00~18:00(木・金20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
[休館]月曜日
入場料 一般500円 [400円] /学生(高校生以上)・65歳以上300円 [240円] /中学生以下 無料
詳しくはAPA HPをご覧ください。


年鑑 日本の広告写真 2019(玄光社)