シマサルスベリ(神代植物公園)

生命力を感じさせるように大きく枝を張って、見上げるほどの高さに育っている神代植物公園「シマサルスベリ」の紅葉が見事です。沖縄、中国、台湾に分布する落葉高木で、サルスベリよりもずっと大きくなります。

自宅から1000m以内の深大寺、神代植物公園の四季の自然風景
インスタグラム「身近な絶景」
https://www.instagram.com/kiichiro.yoshimoto/

五反田 新開地(1984)

1983年頃の池上線五反田駅ホームから望む風景。下に広がるのが五反田「新開地」と呼ばれた飲食店街、目黒川向う中央に「東洋現像所」(現イマジカ)が見える。「新開地」は戦後の焼跡に並ぶ飲食店街。再開発に際してそこに出店していた約50店舗余りの店がそのまま「リバーライトビル」(竣工1987年)内に出店し飲食店街を形成したという歴史があります。そのため、昭和を感じる渋い店が並び、その雰囲気を持ち続けています。現在は通称 “五反田ヒルズ”と呼ばれ、知る人ぞ知る五反田屈指のグルメビルといわれる人気スポットです。

インスタでは他にも80年代の写真と現在の写真、新旧の対比でご覧いただけます。
ご興味ありましたらご覧ください
http://instagram.com/kiichiro.photo

2020.10

同じく、池上線五反田駅ホームより山手線大崎方面を望む

2020.10

五大尊池リフレクション(深大寺)

3連休最終日、深大寺、神代植物は多くの人で混雑してました。
深大寺本堂脇にある五大尊池のリフレクションです。紅葉のなか鯉が泳いでいるようです。
湧水が流れ込み、透明度が高く、太陽の光や周囲の樹々によって池の色が美しく変化します。

自宅から1000m以内の深大寺、神代植物公園の四季の自然風景「身近な絶景」シリーズも撮り続けてます。
インスタグラム「身近な絶景」
https://www.instagram.com/kiichiro.yoshimoto/

新宿駅東口(1984→2020)

1984

1984年ごろの新宿西口の思い出横丁から東口へ抜ける地下道 角筈ガード (つのはず)。1927年4月に完成し、上部を山手線、中央線などJR各線が通る。2020年7月に新宿駅構内に東西自由通路が完成したが、それまではこの角筈ガードが多く使われていた。照明のアクリル版がサンパーク、三平ストアなどの広告が懐かしい。

2020.11
1984

角筈ガード (つのはず)東口出口からアルタ方面を望む。

2020.11

角筈ガードの東口側の出口が直進から右方向に動線が変わっています。

1984

紀伊国屋書店方面へ歩いてゆくのが定番コースだった。

2020.11

インスタでは他にも80年代の写真と現在の写真、新旧の対比でご覧いただけます。
ご興味ありましたらご覧ください。
Tokyo in the mid 1980s and today- swipe to see.
http://instagram.com/kiichiro.photo

池袋文芸坐(1980’)

1984年ごろの池袋の「文芸坐」低料金で2本立てという「名画座」です。特徴的な外観が素敵な映画館でした。都内には文芸坐のような名画座がいくつかありましが、文芸坐のセレクションは特によかったですね、すべて見続けると腰とお尻が痛くなってきましたが・・・笑
40年以上に渡って営業を続けたが、建物の老朽化などのため1997年3月閉館。跡地はマルハンが借り受け、パチンコ屋ビルとして再建。2000年にテナントのひとつとして「新文芸坐」がオープンし現在に至る。

昼の部 コーヒーもビールも500円!
そんな訳は無い・・・ 笑

他にもノスタルジックな写真が新旧比較画像で多数掲載されています。
インスタも是非ご覧ください。
instagram.com/kiichiro.photo

1983年ごろの新宿ゴールデン街

ノスタルジックシリーズ、銀座を掲載してきましたが、やはり僕は新宿のほうが落ち着く。(笑)
1983年ごろの新宿ゴールデン街です。「平凡パンチ」カメラマン時代(1983〜88)、歌舞伎町の取材の後は必ずゴールデン街で反省会!?いや、編集会議!?。朝まで呑んでいたものです。
いまや、東京で街の姿がこんなに変わっていない場所も珍しいと思います。コロナ禍前は外国人観光客の人気観光スポットとなっておりました。早く平穏な日常が戻ること祈ります。

この路地なかほどにある「中村酒店」の京子ママとは「平凡パンチ」で定例ページを一緒に担当していました。「中村京子のサークル訪問」と題して大学の面白いサークルを訪問して京子ちゃんが取材、原稿、僕が写真撮影でした。一見すると普通の取材のようですが、最後に大学サークルみなさんと記念写真を撮る時に、突然ポロリと京子ちゃん自慢のDカップを露出させ記念写真を撮るという企画でした。今なら、大学構内でそんなことをしたら炎上ですね。SNSもない時代、週刊誌で問題なく定例企画で続いていました。昭和という時代はおおらかな時代でした。3枚目写真は「中村酒店」5周年(2007年)記念時に撮ったものです。

お酒だけでなく、軽食の店もありました。この頃の写真を見返して思うのですが、ゴールデン街だけでなく新宿はどこもこざっぱりしてきれいです。

他にもノスタルジックな写真が新旧比較画像で多数掲載されています。
インスタもご覧ください。
instagram.com/kiichiro.photo

黄金色のメタセコイア

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

今日の神代植物公園です。気持ちの良いお天気で深大寺、神代植物公園ともに賑わってました。立冬も過ぎ、日ごとに木の葉が色づいてます。

【善本喜一郎先生おすすめ機材C】OM-D E-M5 Mark III ボディー + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 BLK + レンズフード LH-48B BLK (丸型 金属製)
オリンパスオンラインショップへ
https://shop.olympus-imaging.jp/product/select/catcd/2552

インスタグラム「身近な絶景」
自宅から1000m以内の深大寺、神代植物公園の風景「身近な絶景」掲載。
The scenery of Jindaiji Temple and Jindai Botanical Park within 1000m from home is posted.
https://www.instagram.com/kiichiro.yoshimoto/

日劇(日本劇場・1981)

新宿が続くノスタルジックシリーズ、まだ新宿の写真もありますが、銀座方面もありますのでお付き合いください。1981年、フェンスに囲まれ解体を待つ日本劇場、日劇(にちげき)の通称で親しまれた。日劇は戦時中の空襲による被災や、終戦後の占領軍による接収も免れ、半世紀近くにわたって日本興行界を代表する象徴のひとつとして存在した。隣接する朝日新聞東京本社と共に解体され、跡地に有楽町マリオンが建てられた。

インスタに他にもノスタルジックな写真が多数掲載されています。
ご覧ください。instagram.com/kiichiro.photo

2020.11.8撮影

新宿貨物駅跡地(1984恐竜展ドーム)

新宿駅南口で大きく変貌したのは東南口広場だけではありません。写真は1984年に新宿貨物駅が取り壊され、跡地で開催された「世界最大の恐竜展」ドームです。その後、跡地は開発され 1996年(平成8年)10月に高島屋・タイムズスクエアビルが開業されました。

The South East Exit Square is not the only place that has undergone a major transformation at the South Exit of Shinjuku Station. The photo shows the dome of the “World’s Largest Dinosaur Exhibition” held at the site where Shinjuku Freight Station was demolished in 1984. After that, the site was developed and the Takashimaya Times Square Building was opened in October 1996.

instagram.com/kiichiro.photo