広告写真家が撮る OM-D E-M1X の世界(オリンパスプラザ東京)

5月31日(金)~6月5日(水) オリンパスギャラリー東京 クリエイティブウォールにて

「広告写真家が撮る OM-D E-M1X の世界」が開催されます。

クライアントが提示するコンセプトを写真にする、撮影のプロフェッショナルである広告写真家が、製品の特徴を生かしつつも自由な発想で撮影した作品をご覧ください。

■出展者名(五十音順)
栗栖誠紀 長嶋正光 中村成一 蓑田圭介 薮田織也 山田慎二 善本喜一郎 Ryushi

■会場:オリンパスプラザ東京 地下1階ショールーム クリエイティブウォール

■会期:2019年5月31日(金)~6月5日(水) 11:00~19:00

OM-D E-M1Xでは、超高解像度の画像が得られる「ハイレゾショット」手持ち撮影も可能となりました!撮影中に発生するわずかな位置ずれを利用し、16回撮影した画像をもとに50M相当の高解像写真を生成。E-M1 Mark II(20M Live MOSセンサー)からのモノクローム大伸ばし作品も、フイルムカメラの感覚で言えは4×5カメラで撮影したと言っても過言ではないほどの豊かなグラデーション、緻密な描写でしたが、それ以上の解像度を誇るOM-D E-M1Xハイレゾショット。僕は写真印画紙のベース紙と同じバライタべース紙であるイルフォード ギャラリー ゴールド ファイバー シルクを使用したモノクローム大伸ばし作品を2点出展します。バライタ印画紙と同様の画質と質感、優れたシャープネスで表現された深大寺の森をご堪能いただければ幸いです。

6/2(日)15:00~より参加メンバーによるトークショーも開催いたします!僕はマイクロフォサーズの手持ちハイレゾショットで撮影したRAWデーターをどのように扱って、階調豊かなA2モノクロームプリントに仕上げたのか、僕のモノクロームプリントのツボを解説します。ご興味ある方はご来場ください。

https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/1938

CP+パートナーイベント・APA写真展

CP+パートナーイベント APA展(みなとみらいギャラリー)

明日より開催!(入場無料!)
CP+メイン会場、パシフィコ横浜へ行く途中にある「みなとみらいギャラリー」で開催!
CP+行き帰りに是非お立ち寄りくださいませ!

広告を中心に活躍する写真家たちの団体、APAが主催する公募展APAアワードより、2017、2018年「経済産業大臣賞」2018年文部科学大臣賞をはじめとする受賞作品や、2018年にAPAへ入会した22名の作品を展示。また、全国造形教育連盟とAPAが行なっている小中学生を対象とした実践授業「図工・美術授業にカメラ」の集大成である「全国学校図工・美術写真公募展」2017年、2018年「文部科学大臣賞」他受賞作品も展示しています。

公益社団法人 日本広告写真家協会(APA)写真展
みなとみらいギャラリー
2月28日(木)~3月3日(日)
[展示時間]11:00~19:00(最終日は18:00まで)
https://www.mmgallery.jp/exhibition.html

広告写真の今がわかる!年鑑日本の広告写真2019

表紙は特選賞の「神泡」三態 サントリービール(株) 撮影:蓑田 圭介 


年鑑 日本の広告写真 2019(玄光社)の予約受付が始まりました!

広告写真の今がわかる!
日本広告写真家協会が主催する「APAアワード2019」入賞・入選作を収録!
時代をリードするフォトグラファー、
クリエイターが探せる1冊です。

●「広告作品部門」の入賞・入選作303点を収録
●「特別招待作品」として公募外の優れた広告32点を掲載
●「APAアーカイブス」の第三回目は、上田義彦氏の名作17点を掲載
●「写真作品部門」の入賞・入選作252点も同時収録
●入賞・入選作の制作に携わったスタッフのクレジットを掲載

監修:公益社団法人日本広告写真家協会

APAアワード2019展覧会・第十回「全国学校図工・美術写真公募展」
会 場 東京都写真美術館 地下1階展示室(東京都写真美術館HP)
東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内  TEL03-3280-0099
会 期 2019年3月2日(土)~17日(日)
[開館]10:00~18:00(木・金20:00まで)※入館は閉館の30分前まで
[休館]月曜日
入場料 一般500円 [400円] /学生(高校生以上)・65歳以上300円 [240円] /中学生以下 無料
詳しくはAPA HPをご覧ください。


年鑑 日本の広告写真 2019(玄光社)



⼭崎真実+舞⼭秀⼀Photo Exhibition [silent](サイレント)

今日は、APA同期の舞山秀一さんの写真展「⼭崎真実+舞⼭秀⼀Photo Exhibition [silent](サイレント)」オープニングパーティーでした。
被写体となったのは山崎真実さん、2000年代にグラビアアイドルとして各誌を席巻。近年では女優として舞台、映画、ドラマに多数出演。30代でグラビア復帰してからはリリースする作品すべてがヒット。二人のセッションは、山崎が2018年に発売したカレンダーブック以来2度目ととのこと。今回の写真展のコンセプトは「まだ観たことのない彼⼥の魅⼒を引き出す」。今回の写真展のために真冬の北海道で撮影した新作。
舞山さんは「⽩銀の世界は⼈をリセットする⼒がある」からと、雪が積もり始めた北海道の美瑛、札幌、小樽を撮影の舞台に選んだという。ポートレイトは撮る人と撮られる人との関係性が写ります。被写体である山崎さん、撮り手の舞山さんもリセットされ、対峙してお互い探るような緊張感が伝わってきました。プリントもすべてご自身で、ハーネミューレのバライタに表現された繊細な画質とバライタの光沢がポートレイトにマッチして見応えありました、オススメの写真展です!
僕と同世代の舞山さんにちょっと嫉妬しました(笑)僕も緊張感ある凛としたポートレイト作品を撮りたくなりました。


tokyoarts gallery
⼭崎真実+舞⼭秀⼀Photo Exhibition [silent]
2/16(Sat.)‒ 2/24(Sun.)
12:00 – 20:00(入場無料)

ハーネミューレ(hahnemuhle)
(ジェットグラフ株式会社:日本での正規輸入・販売取扱)

http://www.hahnemuhle-jetgraph.jp