行動を喚起させる写真とは?(Adobe Blog)

お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません。 笑
善本喜一郎Adobe Blog連載#5公開!

写真を選ぶ目が変わる。フォトリテラシー基礎講座 #5
行動を喚起させる写真とは?
詳しくはAdobe Blogご覧ください!


https://blogs.adobe.com/japan/cc-adobe-stock-contributor-t-column-photo-literacy-5-2/

「フォトディレクション基礎講座」(宣伝会議)

2015年8月に初開催されてから、延べ約400名の受講生に恵まれたフォトディレクション基礎講座。

デザイナーではないけれど、
写真のよしあしを判断できるようになりたい発注担当者のための
「フォトディレクション基礎講座」宣伝会議

「写真を撮る視点を持つ」ことにプラス「写真を使う視点を持つ」方法論を伝授するとともに、ビジネスの成功率を高める写真とは何かを、撮影実習を交えて朝10時から夕方17時過ぎまでみっちりと開催します。

第1部:訴求内容をぶれさせないフォトディレクションの基礎
第2部:担当者が知っておくべき写真撮影の基礎知識・スキル
第3部、実践ワークショップ
座学で学んだことを、すぐに実習する講座で身に付くと好評です。
(カメラ協力:オリンパス)

修了生の声
・カメラマンに何を伝えなければいけないかが明確になった。「何かちがう」から「何がちがう」と認識する一歩になったと思う。

 ・撮影する立場ではないが、実際に撮影することで、指示をするにあたってのポイントをより具体的に理解することができた。

 ・日頃から、写真や構図についてやり取りする際、どのように修正指示や撮影指示を出せばいいのか分からなかったので大変参考になった。

 ・本日学んだことを、しばらくチェック項目として活用すれば、撮影周りの効率とクオリティーを上げられそう。早速考え方を整理し、すぐに活かしたい。

・カメラマン視点のぶっちゃけ話は非常に参考になります。普段中々伺い知れない所なので。

次回は8月30日(金)に予定されております、ご興味ある方は是非!
「フォトディレクション基礎講座」宣伝会議
https://www.sendenkaigi.com/class/detail/photodirection.php

GR クロップ機能

トリミング前提で撮影するか。ノートリミングの構図にこだわるか?
GR IIIとなってAPS-Cサイズ相当CMOSイメージセンサーは有効画素数約2424万画素となりました。GR II比で約1.5倍に相当する高画素と、高解像のレンズ特性を活かしきるローパスフィルターレス構造により、ディテールまで高精細な描写を実現しますので、「クロップ」機能を使うとデフォルト28mmのほかに、35mmと50mmの画角でも写真が撮れ便利です。(35mmフルサイズ換算)
デフォルト28mmでは約A3相当まで、50mmクロップしても約A5相当まで印刷可能な解像度です。当然、SNSなどのweb使用では充分な解像度です。
クロップ(crop)とは「刈り込む、切り落とす」 などの意味です。カメラでクロップとは撮影時に撮像素子の一部分のみで画像を捉えることをいいます。対照的に撮影後に画像の一部を切りとることをトリミングといいます。どちらも画素数は減るものの疑似的にズームアップした画像が得られます。撮影時から意図した画角で撮影したい時に有効です。

デフォルト 28mm:約2424万画素(6000x4000pixel)435x290mm(350dpi)
クロップ  35mm:約1536万画素(4800×3200pixel)348x232mm(350dpi)
クロップ  50mm:約752万画素 (3360×2240pixel)244x163mm(350dpi)

Fnキー(ファンクションキー)にクロップ機能を割り当てれば、キーを押すだけで28mm→35mm→50mm と3つの画角に切り替わります。
クロップすると構図内の明暗の割合は変化しますので、カメラの示す適正露出も変化します。撮影後にトリミングでは画像の明暗調整等も必要となりますが、クロップでは撮影時に適正露出となります。

ビジネスに役立つリコーGR ワークショップを開催します。

<日時> 2019年7月26日(金) 15:00~17:00
<開催場所> リコーイメージングスクエア新宿 フォトサロン
<定員>10名(先着順)
<受講料> 10,800円

ビジネスシーンでのGR使いこなし術を解説、実践します。
広報担当者必見です!GR貸出しあり、ぜひご参加ください。
詳しくはリコーイメージングHPをご覧ください→http://bit.ly/2XiZJ1A

写真を選ぶ目が変わる。フォトリテラシー基礎講座(Adobe Blog)

善本喜一郎Adobe Blog連載#3公開!お待たせしました。

写真を選ぶ目が変わる。フォトリテラシー基礎講座 #3

カメラマンが撮影時に必ず押さえるポイント 

「フレーミング(構図)」と「光と影」です。

詳しくはAdobe Blogご覧ください。

【満員御礼】フォトディレクション基礎講座 (宣伝会議)

【満員御礼】今日は「フォトディレクション基礎講座」(宣伝会議)の第13回目でした。
2015年8月に初開催されてから、おかげさまで毎回満員御礼の人気講座となり第13回目を迎えました。延べ約400名の受講生に恵まれました、この場を借りて御礼申し上げます。

デザイナーではないけれど、
写真のよしあしを判断できるようになりたい発注担当者のための

「フォトディレクション基礎講座」宣伝会議

「写真を撮る視点を持つ」ことにプラス「写真を使う視点を持つ」方法論を伝授するとともに、ビジネスの成功率を高める写真とは何かを、撮影実習を交えて朝10時から夕方17時過ぎまでみっちりと開催します。

第1部:訴求内容をぶれさせないフォトディレクションの基礎
第2部:担当者が知っておくべき写真撮影の基礎知識・スキル
第3部、実践ワークショップ

座学で学んだことを、すぐに実習する講座で身に付くと好評です。
(カメラ協力:オリンパス)

修了生の声

・カメラマンに何を伝えなければいけないかが明確になった。
「何かちがう」から「何がちがう」と認識する一歩になったと思う。

 ・撮影する立場ではないが、実際に撮影することで、
指示をするにあたってのポイントをより具体的に理解することができた。

 ・日頃から、写真や構図についてやり取りする際、
どのように修正指示や撮影指示を出せばいいのか分からなかったので大変参考になった。

 ・本日学んだことを、しばらくチェック項目として活用すれば、
撮影周りの効率とクオリティーを上げられそう。
早速考え方を整理し、すぐに活かしたい。

・カメラマン視点のぶっちゃけ話は非常に参考になります。
普段中々伺い知れない所なので。


次回は8月30日(金)に予定されております、ご興味ある方は是非!

「フォトディレクション基礎講座」宣伝会議
https://www.sendenkaigi.com/class/detail/photodirection.php

フォトディレクション基礎講座(宣伝会議)

【フォトディレクション基礎講座】

・訴求内容をぶれさせないフォトディレクションの基礎

・担当者が知っておくべき写真撮影の基礎知識・スキル

・クリエイター視点から学ぶ結果を出す写真選びと判断基準

デザイナーではないけれど、

写真のよしあしを判断できるようになりたい発注担当者のための

「フォトディレクション基礎講座」(宣伝会議)

「フォトディレクション」という切り口で

クリエイティブディレクター(コマツザキツトム)と

フォトグラファー(善本喜一郎)が解説するコラボ講座です。

第13期:5月27日(月)開催

第14期:8月30日(金)開催

2015年8月に初開催されてから、おかげさまで毎回満員御礼の人気講座となり第13期目を迎えました。延べ約400名の受講生に恵まれました、この場を借りて御礼申し上げます。

「写真を撮る視点を持つ」ことにプラス「写真を使う視点を持つ」方法論を伝授するとともに、ビジネスの成功率を高める写真とは何かを、撮影実習を交えて朝10時から夕方17時過ぎまでみっちりと開催します。座学で学んだことを、すぐに実習する講座で身に付くと好評です。(カメラ協力:オリンパス)

ご興味ある方は是非!
https://www.sendenkaigi.com/class/detail/photodirection.php

修了生の声
・カメラマンに何を伝えなければいけないかが明確になった。
 「何かちがう」から「何がちがう」と認識する一歩になったと思う。

・撮影する立場ではないが、実際に撮影することで、
 指示をするにあたってのポイントをより具体的に理解することができた。

・日頃から、写真や構図についてやり取りする際、
 どのように修正指示や撮影指示を出せばいいのか分からなかったので大変参考になった。

・本日学んだことを、しばらくチェック項目として活用すれば、
 撮影周りの効率とクオリティーを上げられそう。早速考え方を整理し、すぐに活かしたい。

第13期:5月27日(月)開催

第14期:8月30日(金)開催

詳しくは宣伝会議「フォトディレクション基礎講座」告知サイトをご覧ください。
https://www.sendenkaigi.com/class/detail/photodirection.php

Adobe Blog 善本喜一郎連載スタート!  フォトリテラシー基礎講座

Adobe Blog 善本喜一郎連載スタート!
写真を選ぶ目が変わる。フォトリテラシー基礎講座 ♯1 ー なぜ写真素材を使うのか? ♯AdobeStock

「数あるストックフォトの中で効果的な一枚を選ぶには?」をテーマに、みなさんのフォトリテラシー(=写真を読み解く力)が上がるような基礎知識をお伝えします。
フォトグラファーの視点を知ることで、写真素材を選ぶ目は確実に変わるでしょう。