GR クロップ機能

トリミング前提で撮影するか。ノートリミングの構図にこだわるか?
GR IIIとなってAPS-Cサイズ相当CMOSイメージセンサーは有効画素数約2424万画素となりました。GR II比で約1.5倍に相当する高画素と、高解像のレンズ特性を活かしきるローパスフィルターレス構造により、ディテールまで高精細な描写を実現しますので、「クロップ」機能を使うとデフォルト28mmのほかに、35mmと50mmの画角でも写真が撮れ便利です。(35mmフルサイズ換算)
デフォルト28mmでは約A3相当まで、50mmクロップしても約A5相当まで印刷可能な解像度です。当然、SNSなどのweb使用では充分な解像度です。
クロップ(crop)とは「刈り込む、切り落とす」 などの意味です。カメラでクロップとは撮影時に撮像素子の一部分のみで画像を捉えることをいいます。対照的に撮影後に画像の一部を切りとることをトリミングといいます。どちらも画素数は減るものの疑似的にズームアップした画像が得られます。撮影時から意図した画角で撮影したい時に有効です。

デフォルト 28mm:約2424万画素(6000x4000pixel)435x290mm(350dpi)
クロップ  35mm:約1536万画素(4800×3200pixel)348x232mm(350dpi)
クロップ  50mm:約752万画素 (3360×2240pixel)244x163mm(350dpi)

Fnキー(ファンクションキー)にクロップ機能を割り当てれば、キーを押すだけで28mm→35mm→50mm と3つの画角に切り替わります。
クロップすると構図内の明暗の割合は変化しますので、カメラの示す適正露出も変化します。撮影後にトリミングでは画像の明暗調整等も必要となりますが、クロップでは撮影時に適正露出となります。

ビジネスに役立つリコーGR ワークショップを開催します。

<日時> 2019年7月26日(金) 15:00~17:00
<開催場所> リコーイメージングスクエア新宿 フォトサロン
<定員>10名(先着順)
<受講料> 10,800円

ビジネスシーンでのGR使いこなし術を解説、実践します。
広報担当者必見です!GR貸出しあり、ぜひご参加ください。
詳しくはリコーイメージングHPをご覧ください→http://bit.ly/2XiZJ1A