百反坂下(品川区大崎 1989年)

今日のノスタルジック昭和な風景は「大崎」です。
大崎駅の南にある「百反坂下」
「百反隧道(ずいどう)」正式には「百反第二架道橋」と呼ばれるトンネルがある。道路が線路の下を通っている場合は、架道橋と呼ばれる。
百反坂「ひゃくたんざか」昔この坂は階段であったため百段と呼ばれていたものが、のちに路面が平坦になり、名称だけが百反となって残った。坂下付近には、かつてはJR線路を横断する踏切がありました。その後昭和43年頃に百反隧道および百反歩道橋が出来たことにより踏切は閉鎖されました。
http://www.ohsaki-area.or.jp/townguide/konjyaku/img/konjyaku07.pdf

もともとは工場の街だった大崎駅周辺。僕が住み始めた頃(1986年)から市街地整備が始まりました。お店も少なく1989年に東口に「大崎ニューシティ」がオープンして便利になり、1999年に「ゲートシティ大崎」2001年に「オーバルコート大崎」とオープンし賑やかになってきました。埼京線とりんかい線の開業以前はJR山手線のみ停車する駅で、乗車人員が5万人程度ののどかな駅でした。両線の開業(延長)や湘南新宿ラインの停車開始、次項で記す駅周辺の再開発などもあり、急激に乗車人員が増加しています。

JR東日本の主要駅で乗降客が増えた駅は 再開発で変貌遂げた大崎駅が1位
大崎駅は近年5年間で乗降人員は25.8%も増え2016年 160,820人。(2018年173,136人)
JR東日本「主要100駅」乗客増減率ランキング(東洋経済オンライン)
https://news.livedoor.com/article/detail/13994301/

インスタグラム「身近な絶景」ノスタルジック編
昭和なノスタルジックな風景を掲載してます。
ご興味ある方フォローよろしくお願いします
Shows nostalgic scenery of Showa.
Showa is one of the Japanese eras. From 1926 to 1989.
instagram.com/kiichiro.photo/

新宿西口七福小路・角筈ガード(1984年)

ノスタルジックシリーズ新宿編(1984年撮影)
角筈ガード(つのはずガード)、新宿西口思い出横丁から東口へ抜ける地下道(角筈ガード)入口の脇から線路沿い路地があった、現在はビル(ユニクロ)が建っている。
路地の先は空が広がっている、現在この場所からNTTドコモ代々木ビルが見えます。

インスタグラム「身近な絶景」ノスタルジック編
昭和なノスタルジックな風景を掲載してます。
ご興味ある方フォローよろしくお願いします
Shows nostalgic scenery of Showa.
Showa is one of the Japanese eras. From 1926 to 1989.
instagram.com/kiichiro.photo/

参考サイト
新宿西口七福小路(昭和30年代までは西口ロマンス小路と呼ばれた。)
http://www.tokyo-kurenaidan.com/itsuki-shinjyuku1.htm

1999(平成11)に解体消失(都市徘徊blogさん)
https://blog.goo.ne.jp/a…/e/754846dbdcc9ee459512025957fd1dcc

節分会豆まき式(深大寺)

今日は節分、深大寺では節分会豆まき式。お天気にも恵まれて多くの参拝客が豆まき式に訪れていました。

ピーポ君、キュータ君、イータ君も勢揃い! 笑
ピーポ君(警視庁マスコット)、キュータ君(東京消防庁マスコット) はご存知の方も多いかと思いますが、

イータ君とは?

イータ君は税務署マスコットです。
国税電子申告・納税システム(e-Tax)をより多くの人に知ってもらうために、e-Tax(イータックス)に由来して「イータ君」と名づけられました。

福まめ(深大寺)
元三大師様は観音様の化身と言われており三十三体の豆(魔減)大師の信仰からこれにあやかった豆まきと福豆の授与が行われています。

「節分」とは、季節を分けるという意味があります。四季それぞれの変わり目はすべて「節分」ですが、特に立春の前日を重んじます。これは立春をもって新たな年、その前日を年越しとする考えがあるからです。新たな年を迎えるにあたり、邪気、魔物を払ってしまおうという意味が節分にはあるのです。

【告知】2月22日(土)に善本喜一郎「早春の深大寺、神代植物公園撮影ワークショップ」を開催します。
善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での早春の撮影ワークショップです。お申込み詳細は以下サイトからお願いいたします。

早春の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ開催

撮影2018.2.20

2月22日(土)に善本喜一郎「早春の深大寺、神代植物公園撮影ワークショップ」を開催します。

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での早春の撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。

開催日時:2月22日(土)10:30〜15:00
途中、昼食休憩を挟んで15:00終了(予定)
集合時間:10:30
集合場所:お申込み後集合場所お知らせします

料金:3500円(税込)
(いままで善本喜一郎のワークショップ参加したことある方は2500円 (税込)
参加料は当日現金にてお釣りなく、よろしくお願いします。
入園料、昼食代は含まれておりません。

終了後:別途懇親会予定(希望者のみ)
キャンセルの場合キャンセル料は発生しませんがはキャンセル連絡はください。

前回の2019年紅葉の深大寺 神代植物公園WS参加者のご感想

善本喜一郎氏のワークショップの魅力は大きく3つです。 by 今野 誠一 様(第一回目参加)

1. 講演会のよう
単にテクニックを教えるのではなく、写真への向き合い方を教えてくださるところです。
「撮ろう、撮ろうとしないこと」
「撮るのは後で、せっかくの景色や空気や音を“感じる”こと。“味わう”こと」
すぐに「撮ろう」として、構図やカメラの設定にばかり頭が行きます。
今回も感じることを優先しました。
単に技術指導をするのではなく、まるで講演会に来ているように名言が出ます。
技術指導は、し過ぎず、物足りもなく、とてもいい塩梅なんですよ。

2.彼の作品が見れる
神代植物公園を題材にした作品の個展をし、カレンダーも作っているぐらいですから、彼自身の四季の作品の蓄積がすごいわけです。
ワークショップ中、ポイントポイントで、そこで撮った彼の作品を見せながらの解説を聞くことができます。
これはとても贅沢な瞬間です。
もちろんそれを超えることはできませんが、大いなるヒントとなり自分の作品のレベルは確実に上がります。

3.観光案内付き
何しろ、深大寺・神代植物公園は自宅の庭のようなもの(数分のところにお住まい)ですので、地域密着度がすごいです。
ワークショップの道々、地域の特性や歴史などの解説を聞くことができます。
このことはとても重要なことで、神代植物公園への愛着が深まり、心を込めて撮影に取り組むことにつながるのです。
ーーーーー
第1回目参加女性 S.F様
写真の撮り方だけでなく、深大寺のことも色々と知れて、
たっぷりあったはずの講座の時間があっという間に感じました。
太陽が出ず小雨も降っていて写真は撮りにくい天気でしたが、
そんな天気での撮影のコツを知ることができたので、今後、天気が悪い日の撮影も楽しめそうです。
ーーーーー
第2回目参加 渡辺 征直 様
目からウロコ、まさにその通りになりました。
技術や視点はもちろんですが、個人的には「インスタのギャラリーでその人の好み分かる」
という一言がとても衝撃的でした。
わたしのギャラリーはどうしても「映え」を意識して彩度を必要以上に上げてみたりと、
いわば厚化粧しまくっていたことが とても恥ずかしく思えてしまい、一から出直したい
気持ちでいっぱいになっています。
これからは自分の見せたい(魅せたい)ような投稿をしていこうと思いました。
そういう意味で本当に有意義な時間でした。
これからもどうぞよろしくおねがいします。
ーーーーー

早春の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ 予約フォーム
お名前、アドレス、いままで善本喜一郎のワークショップ参加したことある方はメッセージにその旨明記ください。受信確認後、集合場所など記載したメールを返信いたします。
予約フォーム送信後2日経っても返信ない場合contact@kipsy.jpまでご連絡ください。

主催:株式会社ヨシモト 代表 善本喜一郎
東京都品川区大崎3-6-21-603 スタジオ KiPSY

自然光を読む(じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座)

本日は編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象の『じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座』第10期の第3回「お店を取材しよう・料理撮影」でした。

写真評論家、飯沢耕太郎さんの写真集コレクションが5000冊並んでいる、「日本のおうちごはん」カフェ「めぐたま」で開催させていただきました。

自然光を読む、窓からの光の質や方向性を感じながら光と影をとらえて店内と料理を撮る。僕がデモンストレーションをしつつ、各自いろいろと試行錯誤しながら店内、料理を撮りました。

どんな照明機材を使っても自然光にはかなわないと思います。初心者は、すぐに照明機材を使うのではなく、自然光をある程度マスターしてから次の段階で照明機材でのライティングを学ぶことが重要です。

『じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座』は「カメラの楽しみを学ぶ」「眠っている感性を目覚めさせる」ことを目的に、デジタルカメラの基本的な使い方や、各場面に応じた撮影のコツを善本喜一郎が伝授いたします。

「写真を撮るとは」「脳の機能的な違い」などマインドから解説いたします。撮影実習は、人物・店・名所取材を想定した内容となっているため、編集者やライターとしての撮影スキルを身に付けることが出来ます。もちろん「カメラや写真に興味がある」「日常のワンシーンを撮影したい」という方も大歓迎です。

3月8日(日)スタートの第11期の募集も開始しました!
参加者1人1人に密な指導をするために、12人限定の少人数講座とさせて頂きます。先着順となりますので、内容をご確認の上お早めに下記応募ページより、お申し込みください。ご参加をお待ちしております!
ご応募、詳細は以下リンク先をご覧ください。

「節分」に向けて(深大寺)

今朝の深大寺山門からの眺めです。山門脇の早咲きの梅が咲いています。境内では2月3日(月)の節分会豆まき式に向けて、本堂前に特設舞台の設置準備が進んでいました。

「節分」とは、季節を分けるという意味があります。四季それぞれの変わり目はすべて「節分」ですが、特に立春の前日を重んじます。これは立春をもって新たな年、その前日を年越しとする考えがあるからです。新たな年を迎えるにあたり、邪気、魔物を払ってしまおうという意味が節分にはあるのです。
https://www.jindaiji.or.jp

⭐︎⭐︎⭐︎
3月8日(日)スタート! 全4回
善本喜一郎主宰「じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座」第11期 募集開始!
編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象
12名限定(先着順)、協力:オリンパス株式会社

歌舞伎町さくら通 1980年代

1980年代の風営法前の新宿歌舞伎町です。
「歌舞伎さくら通り」風俗店が立ち並んでます。

 2020年のさくら通り、銘茶「藪花軒」と、ロータリーエアコンの看板の電気屋さんは変わらずありました!

インスタグラム「身近な絶景」ノスタルジック編
昭和なノスタルジックな風景を掲載してます。
ご興味ある方フォローよろしくお願いします
Shows nostalgic scenery of Showa.
Showa is one of the Japanese eras. From 1926 to 1989.
https://instagram.com/kiichiro.photo/

⭐︎⭐︎⭐︎
3月8日(日)スタート! 全4回
善本喜一郎主宰「じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座」第11期 募集開始!
編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象
12名限定(先着順)、協力:オリンパス株式会社

3月スタート!じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座 第11期 募集開始

フレッシュマンベーカリー (道玄坂小路)

1980年代の渋谷続きます。
「フレッシュマンベーカリー」1984年 昭和59年 渋谷
「百軒店」だったかな〜と思っていましたが、台湾料理「麗郷」の並び「道玄坂小路」に1949(昭和24)オープン。1997(平成9)に48年の歴史で閉店した。
カツサンド、サラダパン美味しかったな〜。
今日は、春のような暖かさですね。

⭐︎⭐︎⭐︎
3月8日(日)スタート! 全4回
善本喜一郎主宰「じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座」第11期 募集開始!
編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象
12名限定(先着順)、協力:オリンパス株式会社

3月スタート!じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座 第11期 募集開始

じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座 3月スタート!第11期 募集

編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象の善本喜一郎 主宰『じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座』3月スタート!第11期の募集をいたします。

『じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座』は「カメラの楽しみを学ぶ」「眠っている感性を目覚めさせる」ことを目的に、デジタルカメラの基本的な使い方や、各場面に応じた撮影のコツを善本喜一郎が伝授いたします。

「写真を撮るとは」「脳の機能的な違い」などマインドから解説いたします。
撮影実習は、人物・店・名所取材を想定した内容となっているため、編集者やライターとしての撮影スキルを身に付けることが出来ます。もちろん「カメラや写真に興味がある」「日常のワンシーンを撮影したい」という方も大歓迎です。また、最終講義では卒業制作として、各々のベストショットでフォトブックを作成します。4回分の講義の成果を、集大成として形に残すことが出来ます。

参加者1人1人に密な指導をするために、12人限定の少人数講座とさせて頂きます。
先着順となりますので、内容をご確認の上お早めに下記応募ページより、お申し込みください。みなさまのご参加をお待ちしております!

3月スタート!じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座 第11期 募集開始

のんべい横丁(1984)

線路脇の「のんべい横丁」です。1984年撮影

現在の「のんべい横丁」2020年1月撮影

インスタグラム「身近な絶景」ノスタルジック編
昭和なノスタルジックな風景を掲載してます。
Shows nostalgic scenery of Showa.
Showa is one of the Japanese eras. From 1926 to 1989.
https://www.instagram.com/kiichiro.photo/
ご興味ある方フォローよろしくお願いします!