富士山撮影ポイント(@神代植物公園)

神代植物公園から富士山が見えた!
もっとよく見えるポイントがもう1箇所(次の写真)あるのですが、
温室の脇から見えるとは!びっくり。
25mmで撮っているので、トリミングしてます。

ベストな紅葉シーズンに撮影ワークショップ開催!

紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。

紅一点(深大寺城跡)

M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

深大寺城跡からの眺めです、緑の樹々の間から紅葉が見えました。城山跡は水生植物園内にあり、空堀や土塁を確認することができます。平日は訪れる人も少なく貸切状態、贅沢に城主な気分を味わえます。笑 

雨が降りそうな曇り空、柔らかな光なので空も白トビもなく、パープルフリンジもそんなに発生せずに撮れました。ワークショップでは、このような風景写真を撮る場合のテクニカルな注意点もアドバイスいたします。

パープルフリンジとは
晴天の明るい空だったら白トビし、明暗差が大きい空抜けと枝の交差箇所などにパープルフリンジと呼ばれる偽色が発生します。デジタルカメラ特有の現象で、センサーの受光部であるフォトダイオードに大量の光が入射した場合、光があふれた状態になり、隣接するフォトダイオードに干渉してしまうことが原因です。被写体の高輝度部分に隣接する低輝度部分に本来ない色(偽色)が発生し、その多くが紫色の縁取りとなるため、パープルフリンジと呼ばれています。僕はフォトショップやライトルームなどの画像処理(ソフト)を使って補正してます。

ベストな紅葉シーズンに撮影ワークショップ開催!

紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。

水鏡逆さ写真

M.ZUIKO 17mm f1.8

紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ開催!
善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品をご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。

写真は展覧会で1番ご質問が多かった「かえで園」で撮った作品です。雨上がりの水溜まりに映ったカエデ、水鏡と地上を半々で撮ったものです。展示時にあえて逆さに展示しました。ワークショップではこのような水鏡写真撮影のコツ、なぜ逆さに展示したのか?なども解説いたします。

詳しくは下記リンク先ご覧ください。

紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ開催

ディファレンシャルフォーカスとは

使用レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

即位を祝う日本晴れ。10月頃から開花し、冬の間も小さい花が断続的に咲く神代植物公園の「十月桜」が、まだ咲いていました。2日前にupしたアウトフォーカス椿の写真に続いて「十月桜」もアウトフォーカス、ディファレンシャルフォーカスで撮ってみました。レンズを通して生まれる鮮明さとボケの織りなす妙がおもしろいです。

ワークショップではこのようなディファレンシャルフォーカスやパーンフォーカスなどフォーカスポイントと被写界深度、絞り、レンズの選択、光と影などについても解説いたします。

絞りを小さくし、画面全体にピントを合わせるパン・フォーカスと、絞り大きくし、画面の一部だけにピントを合わせるディファレンシャル・フォーカスなどカメラとレンズによってもたらされる視覚世界は、人間の眼とは似て「非」なるものです。

http://kiichiroyoshimoto.jp/2019/11/09/紅葉の深大寺-神代植物公園撮影ワークショップ/

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。
JINDAIJI撮影ワークショップ 参加ご希望日をお選びください。(複数可)
開催日: いずれの日も10:30~14:30で開催(途中昼食休憩あり)
第1回:11月28日(木)深大寺・神代植物公園・都立農業高校 神代農場(予定)
第2回:12月 1日(日)深大寺・神代植物公園
第3回:12月 7日(土)深大寺・神代植物公園
第1回目のみ特別公開される都立農業高校 神代農場にご案内します。(予定)
詳細は HPをご覧ください。
http://kiichiroyoshimoto.jp/2019/11/09/紅葉の深大寺-神代植物公園撮影ワークショップ/

水鏡写真撮影のコツ

今日の神代植物公園で撮った水鏡写真です。落葉とともに、まるで鏡のように水面に映る空や森の風景とのレイヤーが美しく、幻想的な写真となります。ワークショップではこのような水鏡写真撮影のコツなども解説いたします。

紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ開催!
善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。

後日、作品講評・カラーマネジメント、プリントの初歩も解説するワークショップを開催します。参加者の作品それぞれ1点を善本がカラーマネジメントされた環境でプリントデモンストレーション。私の展覧会プリントと同じイルフォード最高級プリント用紙(A4サイズ)でプリント出力(Canon imagePROGRAF Pro-1000使用)そのプリントを1枚差し上げます。
実際のプリントを目で見て、手で触れていただき、写真を撮るだけではなくプリントをする楽しさお伝えします。もちろん、撮影ワークショップのみのご参加も歓迎いたします。

JINDAIJI撮影ワークショップ 参加ご希望日をお選びください。(複数可)
開催日: いずれの日も10:30~14:30で開催(途中昼食休憩あり)
第1回:11月28日(木)深大寺・神代植物公園・都立農業高校 神代農場(予定)
第2回:12月 1日(日)深大寺・神代植物公園
第3回:12月 7日(土)深大寺・神代植物公園
第1回目のみ特別公開される都立農業高校 神代農場にご案内します。(予定)

講評・プリントワークショップ
開催日:(12/15追加いたしました。)
第1回:12月14日(土)15:00~17:00 終了後 懇親会(希望者のみ)
第2回:12月15日(日)15:00~17:00 終了後 懇親会(希望者のみ)

場所:スタジオKiPSY(山手線大崎駅西口)

料金
撮影ワークショップのみ 3300円(税込)各回1回につき
(いままで善本喜一郎のワークショップ参加したことある方は2200円 税込)

撮影ワークショップ(1回)と講評プリントワークショップ8800円(税込)1セット
(いままで善本喜一郎のワークショップ参加したことある方は7700円 税込)
撮影ワークショップ当日にセット料金を現金でお支払い、または事前振込。
開催後、希望者のみ会場にて懇親会(別途実費)

参加料は当日現金にてお釣りなく、よろしくお願いします。
入園料、昼食代は含まれておりません。
キャンセルの場合キャンセル料は発生しませんがはキャンセル連絡はください。

主催:株式会社ヨシモト 代表 善本喜一郎
東京都品川区大崎3-6-21-603 スタジオ KiPSY
問い合わせメール:contact@kipsy.jp

撮影ワークショップ
第1回:11月28日(木)深大寺・神代植物公園・都立農業高校 神代農場(予定)
第2回:12月 1日(日)深大寺・神代植物公園
第3回:12月 7日(土)深大寺・神代植物公園

講評・プリントワークショップ(12/15追加いたしました。)
第1回:12月14日(土)15:00~17:00 終了後 懇親会(希望者のみ)
第2回:12月15日(日)15:00~17:00 終了後 懇親会(希望者のみ)

予約フォーム
お名前、アドレス、
参加予約日にチェクを入れてください。
いままで善本喜一郎のワークショップ参加したことある方はメッセージにその旨明記ください。
受信確認後、集合場所など記載したメールを返信いたします。
予約フォーム送信後2日経っても返信ない場合contact@kipsy.jpまでご連絡ください。

11月28日(木)参加12月1日(日)参加12月7日(土)参加12月14日(土)講評会 参加12月15日(日)講評会 参加

紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ開催

ベストな紅葉シーズンに撮影ワークショップ開催!

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。

後日、作品講評・カラーマネジメント、プリントの初歩も解説するワークショップを開催します。参加者の作品それぞれ1点を善本がカラーマネジメントされた環境でプリントデモンストレーション。私の展覧会プリントと同じイルフォード最高級プリント用紙(A4サイズ)でプリント出力(Canon imagePROGRAF Pro-1000使用)そのプリントを1枚差し上げます。

実際のプリントを目で見て、手で触れていただき、写真を撮るだけではなくプリントをする楽しさお伝えします。もちろん、撮影ワークショップのみのご参加も歓迎いたします。

JINDAIJI撮影ワークショップ 参加ご希望日をお選びください。(複数可)
開催日: いずれの日も10:30~14:30で開催(途中昼食休憩あり)
第1回:11月28日(木)深大寺・神代植物公園・都立農業高校 神代農場(予定)
第2回:12月 1日(日)深大寺・神代植物公園
第3回:12月 7日(土)深大寺・神代植物公園
第1回目のみ特別公開される都立農業高校 神代農場にご案内します。(予定)

プリントワークショップ
開催日:(12/15追加いたしました。)
第1回:12月14日(土)15:00~17:00 終了後 懇親会(希望者のみ)
第2回:12月15日(日)15:00~17:00 終了後 懇親会(希望者のみ)
場所:スタジオKiPSY(山手線大崎駅西口)

料金
撮影ワークショップのみ 3300円(税込)各回1回につき
(いままで善本喜一郎のワークショップ参加したことある方は2200円 税込)

撮影ワークショップ(1回)と講評プリントワークショップ8800円(税込)1セット
(いままで善本喜一郎のワークショップ参加したことある方は7700円 税込)
撮影ワークショップ当日にセット料金を現金でお支払い、または事前振込。
開催後、希望者のみ会場にて懇親会(別途実費)

参加料は当日現金にてお釣りなく、よろしくお願いします。
入園料、昼食代は含まれておりません。
キャンセルの場合キャンセル料は発生しませんがはキャンセル連絡はください。

主催:株式会社ヨシモト 代表 善本喜一郎
東京都品川区大崎3-6-21-603 スタジオ KiPSY
問い合わせメール:contact@kipsy.jp

撮影ワークショップ
第1回:11月28日(木)深大寺・神代植物公園・都立農業高校 神代農場(予定)
第2回:12月 1日(日)深大寺・神代植物公園
第3回:12月 7日(土)深大寺・神代植物公園

プリントワークショプ(12/15追加いたしました。)
第1回:12月14日(土)15:00~17:00 終了後 懇親会(希望者のみ)
第2回:12月15日(日)15:00~17:00 終了後 懇親会(希望者のみ)

予約フォーム
お名前、アドレス、
参加予約日にチェクを入れてください。
いままで善本喜一郎のワークショップ参加したことある方はメッセージにその旨明記ください。
受信確認後、集合場所など記載したメールを返信いたします。
予約フォーム送信後2日経っても返信ない場合contact@kipsy.jpまでご連絡ください。

11月28日(木)参加12月1日(日)参加12月7日(土)参加12月14日(土)講評会 参加12月15日(日)講評会 参加

前回の様子

アウトフォーカス

立冬となりました。深大寺はちょっと肌寒かったですが、陽射しが気持ちの良いお天気でした。

インスタグラム「身近な絶景」更新>
https://www.instagram.com/kiichiro.yoshimoto

ベストな紅葉シーンに「紅葉のJINDAIJI撮影ワークショップ」開催します。今回は後日講評会・プリントワークショップも企画中です。楽しみにお待ちください。

インスタグラム「身近な絶景」
自宅から1000m以内の深大寺、神代植物公園の風景。
The scenery of Jindaiji Temple and Jindai Botanical Park within 1000m from home is posted.

水面を舞う桂の落葉

今日の神代植物公園です。朝晩からぐっと冷え込む日が増えてきて、神代植物公園の風景も日毎に木の葉が色づいてます。沈むことなく、水面に舞う桂の落葉が美しかったです。

善本喜一郎 「紅葉のJINDAIJI撮影ワークショップ」今年も開催します。今回は講評会とプリントワークショップも別日で企画中です。楽しみにお待ちください。

インスタグラム「身近な絶景」
自宅から1000m以内の深大寺、神代植物公園の風景。
The scenery of Jindaiji Temple and Jindai Botanical Park within 1000m from home is posted.

【御礼】深大寺 神代植物公園 善本喜一郎・小川義文と歩く撮影ワークショップ

【開催御礼】本日は「深大寺 神代植物公園 善本喜一郎・小川義文と歩く撮影ワークショップ」でした。参加者は小川義文氏が監修されている「花の写真FBグループ展」受講生。

皆さまに写真の楽しさ面白さが伝わり、上達が実感できていることを願っております。

アザサ(ハナジュンサイ)

昨日「即位礼正殿の儀」が始まったとたん、深大寺(調布)でも太陽が差し込んできました。都内では見事な虹がかかったりと、1300年の時空を超えて感動しました。今日は朝から秋晴れ、終日自宅で原稿書き。夕方、水生植物園へ行くと、アザサの池に映り込む空がきれいでした。

睡蓮に似ているアザサ、葉はハートのような形をしています。若いきれいな葉は食用にもなり、山菜として湯がいて食べられるそうです。アサザは5月〜9月に黄色い花を咲かせます。早朝に咲いて昼にはしぼんでしまう上、朝の気温が20度以上にならないと咲かないことから「幻の花」と呼ばれています。万葉集にも登場する、古代ロマン溢れる花です。

アサザは2000年頃、絶滅の恐れがあるということから絶滅危惧種になりました。水質の悪化や、水辺が整備されアサザが生息しやすい環境が少なくなってきたからです。アサザが自生する日本最大の生息地である霞ヶ浦は、2000年頃、数年で9割以上も減り、絶滅の恐れがあることがわかり、市民が主体となってアサザを再生させるための活動が開始されました。霞ヶ浦だけでなく、日本各地でアサザが絶滅の危機に瀕していることが分かり、ここ神代水生植物園も再生させる活動が行われています。それらの活動によって少しずつアザサの数が増えてきたことから、絶滅の危険が低くなり、絶滅危惧種から準絶滅危惧に回復しました。