自動販売機を撤去すると22年ぶりにレトロなたばこ屋さんが姿を現した。

自動販売機を撤去すると22年ぶりにレトロなたばこ屋さんが姿を現した。
昭和47年(1972年)ビル建設時に出店されたタバコ屋さん、平成3年(1991年)に閉店、同時に自動販売機が設置された。22年ぶりに再開発に伴い自動販売機を撤去すると、かつてあったレトロなたばこ屋さんが姿を現した!(2013年4月撮影)現在は存在しません。街の歴史遺産として移築してでも保存しておけばよかったのに。当時、ツイッターでも話題となりました。

善本喜一郎インスタグラム「身近かな絶景」ノスタルジック編
http://instagram.com/kiichiro.photo/
今後も昭和なノスタルジック風景をupします。
応援フォローよろしくお願いします。

五輪ネオンサイン(柳ヶ瀬)

「身近な絶景」インスタ ノスタルジックワールド編
今日は岐阜柳ヶ瀬丸川センターの路地です。主役は1964年の東京オリンピック開催時から 50年以上も輝いてる五輪ネオンサインです。(注:2016年3月撮影時)

インスタグラムでは昼の路地も見れます!
https://instagram.com/kiichiro.photo/
フォローもよろしくお願いします。

国道駅(JR根岸線)

猛暑であったが、高架下改札階は風が通り抜け、心地よかった。
1930年(昭和5年)鶴見臨港鉄道の駅として開業、そのまま残る駅舎。

80年代の新宿(ゴールデン街)

1980年代前半のゴールデン街、新宿遊歩道公園『四季の路』側の入口
花園神社に隣接し、かつて戦後の闇市があった場所50メートル四方の一角に200店以上の多種多様なお店がひしめきあっているディープな飲み屋街です。
『四季の路』は靖国通りから大久保車庫に向かう都電の回送線用専用軌道の跡です。
ここを抜けて路地なかほどにある「中村酒店」の京子ママとは「平凡パンチ」時代からの馴染みです。笑
写真は酒店5周年(2007年)記念時に撮ったものです。

初ゴールデン街は写真学校時代に森山先生、深瀬先生に授業後に連れて行っていただいた。そこでは、編集者、作家、写真家たちが夜毎激論を交わしていました、僕はそれを眺めていただけですが・・笑
その後、平凡パンチ時代は、歌舞伎町取材の後は必ずゴールデン街で反省会?いや編集会議、朝まで呑んでいたものです。いまや、東京で街の姿がこんなに変わっていない場所も珍しいと思います。今では外国人の人気観光スポットとなっております。

80年代の新宿

ブログを移行して約2週間、移行前のアメブロにもまだ多くのアクセスがあります。
毎月常に閲覧数トップの記事(写真)はこの「80年代の新宿」です。
1980年代の新宿駅東南口(昔は東南口はなかったが、いまの東南口の階段下あたり(現在のGAPの前)

フリーで仕事を始めた頃、しばらくは35(Canon New F-1)しか持っていませんでした。
荒木さんの街の写真が好きで、中判カメラが欲しくなりました。

荒木さんが使っていたペンタ6X7にするかMamiya RZ67にするか迷いましたが。スタジオ撮影の仕事も増えてきた頃で、ポラロイドバッグも装填できるRZ6x7を選びました。仕事のないときはRZ6x7で新宿の街を撮っていました。
荒木さんもよく撮っていた「個室ヌード ボニータ」
「石の家」道路に何か広げている人が・・
歌舞伎町 クラブ不夜城・DX歌舞伎町(ストリップ劇場)の宣伝カー
東京は、秋
思い出の詰まったRZ6x7とCanon New F-1は今でもスタジオに飾ってあります。