松住町架道橋(1984 総武本線)

1984
2021.1

変わらぬ風景「松住町架道橋」
前回ご紹介の「神田川橋梁」の秋葉原駅側には松住町交差点(現・昌平橋交差点)をまたぐ「松住町架道橋」が連続してあります。松住町架道橋の先には電気街が広がっており、トラス構造による二重アーチ、緑色に塗られて目立つため、秋葉原のランドマーク的な要素も持ち合わせています。隣接する「神田川橋梁」とともにデザインも優れているため、日本の鉄道橋の象徴的存在とも言えるだろう。

Unchanging scenery of the Matsuzumicho Bridge.
On the Akihabara Station side of the Kanda River Bridge introduced in the previous article, there is a series of Matsuzumicho Bridges spanning the Matsuzumicho Intersection (now Shoheibashi Intersection). At the end of the Matsuzumicho Bridge, there is an electric street, and the double arches with truss structure, painted in green, stand out, making it a landmark of Akihabara. Together with the adjacent Kanda River Bridge, the bridge has an excellent design and is a symbol of railroad bridges in Japan.

インスタグラム「身近な絶景」ノスタルジック編
他にも多数、昭和なノスタルジックな風景を掲載してます。
1980年代の写真と現在の写真、新旧の対比でご覧いただけます。
Tokyo in the mid 1980s and today- swipe to see.
Shows nostalgic scenery of Showa.
Showa is one of the Japanese eras. From 1926 to 1989.
Shows nostalgic scenery of Showa.
Showa is one of the Japanese eras. From 1926 to 1989.
https://www.instagram.com/kiichiro.photo/

コメントは受け付けていません。