こぼれ桜

桜が咲き誇る時期に、暖かくなった気候が一時的に冷え込む「花冷え」な一日となりました。
外出自粛で裏山で撮影。春先に萌え出た新芽、こぼれ桜、そして雪。
日本の伝統色である「萌黄色」(もえぎいろ)と「桜色」そして「雪色」(せっしょく)自然界の色の調和は美しいですね。はやく平穏な日常が戻りますように。

「鮮やかなモノクローム」-プロフェッショナルが描く黒白の世界-(FUJIFILM SQUARE)

新型コロナ感染拡大、日一日と大変な状況となっています。明日からの臨時休園を前に神代植物公園へ行ってきました。感染者が都内で多数発生していることを受け、3月28日(土)から4月12日(日)までの間、神代植物公園が臨時休園です。こんな美しい季節を迎えるのに残念ですが、やむを得ないですね。一刻もはやく平穏になることを祈るばかりです。
このような状況で告知恐縮ですが・・・お許しを。

昨年11月に富士フイルムより発売された黒白フィルム「ネオパン100 ACROS(アクロス)II」
深い趣のある表現が楽しめる「アクロスII」の魅力を伝える写真展が開催されます。
黒白フィルムにご興味ある方は是非ともご来場ください。技術セミナーも開催予定です。
(当ブログ写真は展示されるものとは一部異なります。)

11名のプロが使いこなす ネオパン100 ACROSⅡ「鮮やかなモノクローム」-プロフェッショナルが描く黒白の世界-

黒白フィルムを使い、プロフェッショナルフォトグラファーの手により「色」という情報をそぎ落とした、洗練された作品世界は、カラー写真を見慣れた私たちに新鮮な刺激を与えてくれ、鮮やかに感動を呼び起こします。また、期間中4月25日(土)には、出展写真家による技術セミナーを開催いたします。

<出展写真家>(敬称略、50音順)
gami、コタニシンスケ、小山敦也、長嶋正光、中村成一、原枝美、原貴彦、平野タカシ、MITCH IKEDA、善本喜一郎、Ryushi

4/3追記:新型コロナ感染拡大、感染者が多数発生していることを受け、4月17日より開催予定の「鮮やかなモノクローム」-プロフェッショナルが描く黒白の世界-(FUJIFILM SQUARE)」が中止となりました。落ち着いた頃、開催できることを期待してます。はやく平穏な日常が戻ってくること祈ります。

開催期間 2020年4月17日(金)~2020年4月30日(木)
開館時間 10:00~19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで)
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) ミニギャラリー
入場料 無料
作品点数 全紙サイズ、富士フイルム「ACROSⅡ」からのモノクロームプリント、約20点
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、開催延期・中止の可能性があります。

「鮮やかなモノクローム」-プロフェッショナルが描く黒白の世界-

雪割一華(ユキワリイチゲ)

春の訪れとともに、神代植物公園では「桜」へ目が向きますが、山野草園も楽しめます。小さい花なので見落としてしまいそうですが、雪割一華(ユキワリイチゲ)が咲いていました。雪を割って花を咲かせるという由来から名付けられた雪割一華(ユキワリイチゲ)可憐ですね。(3/20撮影)

portrait ネオパン100 ACROS(アクロス)

昨年11月に富士フイルムより発売された黒白フィルム「ネオパン100 ACROS(アクロス)II」
深い趣のある表現が楽しめる「アクロスII」の魅力をご体験いただけるイベントや写真展の開催を計画していきます。(富士フイルム)
https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1489.html
その一環として、11名のプロフォトグラファーによる写真展が4月17日より、富士フイルムスクエア(六本木ミッドタウン)で開催されます。(予定)
詳細は近日中に富士フイルムwebにて告知されます。(事前告知許諾済)

Dark room 暗室

昨年11月に富士フイルムより発売された黒白フィルム「ネオパン100 ACROS(アクロス)II」

深い趣のある表現が楽しめる「アクロスII」の魅力をご体験いただけるイベントや写真展の開催を計画していきます。(富士フイルム)


その一環として、11名のプロフォトグラファーによる写真展が4月17日より、
富士フイルムスクエア(六本木ミッドタウン)で開催されます。(予定)
詳細は近日中に富士フイルムwebにて告知されます。(事前告知許諾済)

その写真展の作品をプリントする為に事務所の台所を片付け暗室を再現しました。
引伸し機はもちろん富士フイルム製。雰囲気だけは整ってきましたが・・・
久しぶりの暗室作業どうなることやら 笑
快晴で撮影日和ですが暗室に篭ります。

草青む

神代植物公園の桜、芽吹いた下草の緑とのコントラストが美しい。なんでもない風景を見ていると穏やかな気持ちになります。花見も自粛、宴の喧騒もなく静かな花見。それはそれで、カメラ片手に楽しみましょう。(3/15撮影)

水たまりの世界

寒くなったり、暖かくなったりと、寒暖の差が激しすぎる。すこしでもカメラ片手に自然のなかを歩く。コロナ騒ぎをよそに、徐々に春が近づいている。「コロナ」という文脈から離れた、のびのびとした平穏な日々が戻ってくることを祈る。