青山骨董通り西端付近(青山通り)

今日は宣伝会議「編集・ライター養成講座」でした。2008年から今年で12年目となりました。デジタルカメラの時代となって 編集者・ライターが自ら撮影をすることも必要となり、皆さん熱心に受講してくれます。普遍的な「写真」の要を、現在の編集ライターを取り巻く状況に合わせて伝授することを心がけております。講座終了後、インスタグラム「身近な絶景」ノスタルジック編用に青山骨董通り西端付近(青山通り)を撮りに行きました。

「Max Mara」のある場所はガソリンスタンドでした。スタンド向かい側はスーパーマーケット「紀ノ国屋」です。

ドトールコーヒーとその隣のビルは変わらず。

「編集・ライター養成講座」で登壇してから“写真の楽しさを伝える”ことに目覚めました。
茂木健一郎さんは『脳を活かす仕事術』のなかで、仕事は「入力」(感覚系から、情報や刺激を脳にインプットすること)と「出力」(脳を活用して仕事や作品などをアウトプットすること)のバランスをとることが「できる!」に変わる、と主張されてます。講義を毎回繰り返すことで、多くの気づきや、学びが得られ鍛えられてきました。編集者・ライターの皆様に、自分の経験がお役にたつように説明することは、自分自身にとっても頭の中を整理し直すよい機会となります。今後も積極的に私流の写真の楽しさを伝えていきたいと思います。
興味のあるかたはこちらから詳細ご覧ください。
「編集・ライター養成講座」へ

2月21日(金)には「フォトディレクション基礎講座」(宣伝会議)を開催します。
企業内でチラシやカタログ、社内報やリリース、通販サイトやFacebook投稿に写真を扱う方へ向けて、私とクリエイティブディレクターのコマツザキツトム氏がレクチャーする1日集中講座です。担当者自身が写真を撮影する場合のノウハウも伝授します。

・撮影は撮る前、撮っている時、撮った後すべてが均等に大切です。
・何を誰にどのように伝えるのか?
・機材に振り回されず、できるだけシンプルに突き詰めて撮る方法とは。
・写真の効果的な見せ方、使い方とは。

30余年の実績と経験を持つ私の方法論を伝授するとともに、
貴社のビジネスの成功率を高める写真とは何か学んでいきましょう。
ご興味ある方はこちらから詳細がご覧いただけます。
フォトディレクション基礎講座(宣伝会議)へ

より実践的に学びたい方は「じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座」がおすすめです。