「節分」に向けて(深大寺)

今朝の深大寺山門からの眺めです。山門脇の早咲きの梅が咲いています。境内では2月3日(月)の節分会豆まき式に向けて、本堂前に特設舞台の設置準備が進んでいました。

「節分」とは、季節を分けるという意味があります。四季それぞれの変わり目はすべて「節分」ですが、特に立春の前日を重んじます。これは立春をもって新たな年、その前日を年越しとする考えがあるからです。新たな年を迎えるにあたり、邪気、魔物を払ってしまおうという意味が節分にはあるのです。
https://www.jindaiji.or.jp

⭐︎⭐︎⭐︎
3月8日(日)スタート! 全4回
善本喜一郎主宰「じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座」第11期 募集開始!
編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象
12名限定(先着順)、協力:オリンパス株式会社

歌舞伎町さくら通 1980年代

1980年代の風営法前の新宿歌舞伎町です。
「歌舞伎さくら通り」風俗店が立ち並んでます。

 2020年のさくら通り、銘茶「藪花軒」と、ロータリーエアコンの看板の電気屋さんは変わらずありました!

インスタグラム「身近な絶景」ノスタルジック編
昭和なノスタルジックな風景を掲載してます。
ご興味ある方フォローよろしくお願いします
Shows nostalgic scenery of Showa.
Showa is one of the Japanese eras. From 1926 to 1989.
https://instagram.com/kiichiro.photo/

⭐︎⭐︎⭐︎
3月8日(日)スタート! 全4回
善本喜一郎主宰「じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座」第11期 募集開始!
編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象
12名限定(先着順)、協力:オリンパス株式会社

3月スタート!じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座 第11期 募集開始

フレッシュマンベーカリー (道玄坂小路)

1980年代の渋谷続きます。
「フレッシュマンベーカリー」1984年 昭和59年 渋谷
「百軒店」だったかな〜と思っていましたが、台湾料理「麗郷」の並び「道玄坂小路」に1949(昭和24)オープン。1997(平成9)に48年の歴史で閉店した。
カツサンド、サラダパン美味しかったな〜。
今日は、春のような暖かさですね。

⭐︎⭐︎⭐︎
3月8日(日)スタート! 全4回
善本喜一郎主宰「じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座」第11期 募集開始!
編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象
12名限定(先着順)、協力:オリンパス株式会社

3月スタート!じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座 第11期 募集開始

じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座 3月スタート!第11期 募集

編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象の善本喜一郎 主宰『じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座』3月スタート!第11期の募集をいたします。

『じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座』は「カメラの楽しみを学ぶ」「眠っている感性を目覚めさせる」ことを目的に、デジタルカメラの基本的な使い方や、各場面に応じた撮影のコツを善本喜一郎が伝授いたします。

「写真を撮るとは」「脳の機能的な違い」などマインドから解説いたします。
撮影実習は、人物・店・名所取材を想定した内容となっているため、編集者やライターとしての撮影スキルを身に付けることが出来ます。もちろん「カメラや写真に興味がある」「日常のワンシーンを撮影したい」という方も大歓迎です。また、最終講義では卒業制作として、各々のベストショットでフォトブックを作成します。4回分の講義の成果を、集大成として形に残すことが出来ます。

参加者1人1人に密な指導をするために、12人限定の少人数講座とさせて頂きます。
先着順となりますので、内容をご確認の上お早めに下記応募ページより、お申し込みください。みなさまのご参加をお待ちしております!

3月スタート!じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座 第11期 募集開始

のんべい横丁(1984)

線路脇の「のんべい横丁」です。1984年撮影

現在の「のんべい横丁」2020年1月撮影

インスタグラム「身近な絶景」ノスタルジック編
昭和なノスタルジックな風景を掲載してます。
Shows nostalgic scenery of Showa.
Showa is one of the Japanese eras. From 1926 to 1989.
https://www.instagram.com/kiichiro.photo/
ご興味ある方フォローよろしくお願いします!

1980年代の渋谷

1980年代の渋谷続きます。渋谷のど真ん中に「旅館 秋元」渋い!
こちらは難問です。 笑

なんと、現在の「シブヤ西武ロフト館」がある場所です!
1987(昭和62)年11月20日、「シブヤ西武ロフト館」はオープンしました。

渋谷パレス座の看板「ウインディー」1984年4月公開、「インディ・ジョーンズ」の文字も見えます。1984年公開の「魔宮の伝説』エピソード23ですね。
この場所は、別の意味で思い出深い場所です。
2007年、左側のビル壁面に私が撮影したテップネスの広告ビルボードが設置されていました。

1980年代の渋谷駅東口

銀座線渋谷駅
渋谷駅東口側から撮影、カマボコ状の屋根が東急東横線の駅舎

地下鉄銀座線車両基地、左を走るのは井の頭線。
銀座線車両基地、現在は渋谷マークシティの3階に位置する構造となっています。
詳しくは以下リンク先で見れます。
銀座線渋谷駅の奥はこうなっていた!!
https://www.tokyometro.jp/ginza/topics/20170310_96.html

1983年に東京写真専門学校芸術コース 森山大道、深瀬昌久ゼミの卒有志で、両氏指導のもと渋谷に写真自主ギャラリー「さくら組」を開設したのが渋谷宮益坂を上がった、豆腐屋の2階でした。11名でスタート、ひとり月1万円を支払い、計11万円で家賃、水道光熱費などの運営費を賄った。展示は1週間の展示を各自順に開催、約3ヶ月に1回のペースでの展示。もちろんインターネットもない時代、自主制作のポストカード、DMかカメラ雑誌の展覧会案内に掲載されることしか告知法がなかった。1週間で来場者は20〜30人もあれば上出来であった。ここでの写真展活動で得た貴重な体験や、そこでのご縁から、写真で社会と関わって生きてゆくことの難しさ、そしてそれは反面楽しさであることを学びました。厳しい時代であったが、そこでの出会いが今に繋がっている。

不動の滝(深大寺)

昨日の深大寺 不動の滝。寒さで滝から湯気がのぼっていました。境内には多くの湧水源があります、不動の滝もその一つ。崖線から湧き出す豊富な水は古くから田畑を潤し、人びとの信仰を集めてきました。名物の深大寺そばの栽培、そば打ち、釜茹で、晒しに湧水が利用されているだけでなく、水車を利用してのそばの製粉も行われてきました。

インスタ 身近な絶景
自宅から1000m以内の深大寺、神代植物公園の風景「身近な絶景」掲載。
The scenery of Jindaiji Temple and Jindai Botanical Park within 1000m from home is posted.
https://www.instagram.com/kiichiro.yoshimoto/