「世界最大で最も醜い花」と呼ばれるショクダイオオコンニャク

写真のショクダイオオコンニャクの花の長さ約2m

神代植物公園大温室の「ショクダイオオコンニャク」の花が咲いています!
種を植えて花が咲くまで10年はかかるそうで、日本でも十数回しか開花に成功していないそうで、次に花が咲くのは数年後。開花しても1~2日、すでに開花のピークは過ぎて、少しずつ閉じ始めていました。
暑さの中「生ゴミ」のような匂いが微妙にしました・・・接近注意です 笑
ご興味ある方は是非 笑

スマトラオオコンニャク(Amorphophallus titanum)とも呼ばれ、イギリスのRoyal Horticultural Society(王立園芸協会)が世界各地から厳選した10の「醜い」植物の中からインターネット投票で世界一に選ばれました。