自然光を読む(じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座)

本日は編集者・ライター、広報担当など仕事で写真を撮る必要に迫られている方対象の『じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座』第10期の第3回「お店を取材しよう・料理撮影」でした。

写真評論家、飯沢耕太郎さんの写真集コレクションが5000冊並んでいる、「日本のおうちごはん」カフェ「めぐたま」で開催させていただきました。

自然光を読む、窓からの光の質や方向性を感じながら光と影をとらえて店内と料理を撮る。僕がデモンストレーションをしつつ、各自いろいろと試行錯誤しながら店内、料理を撮りました。

どんな照明機材を使っても自然光にはかなわないと思います。初心者は、すぐに照明機材を使うのではなく、自然光をある程度マスターしてから次の段階で照明機材でのライティングを学ぶことが重要です。

『じっくり学ぶビジネスデジカメ実践講座』は「カメラの楽しみを学ぶ」「眠っている感性を目覚めさせる」ことを目的に、デジタルカメラの基本的な使い方や、各場面に応じた撮影のコツを善本喜一郎が伝授いたします。

「写真を撮るとは」「脳の機能的な違い」などマインドから解説いたします。撮影実習は、人物・店・名所取材を想定した内容となっているため、編集者やライターとしての撮影スキルを身に付けることが出来ます。もちろん「カメラや写真に興味がある」「日常のワンシーンを撮影したい」という方も大歓迎です。

3月8日(日)スタートの第11期の募集も開始しました!
参加者1人1人に密な指導をするために、12人限定の少人数講座とさせて頂きます。先着順となりますので、内容をご確認の上お早めに下記応募ページより、お申し込みください。ご参加をお待ちしております!
ご応募、詳細は以下リンク先をご覧ください。