自動販売機を撤去すると22年ぶりにレトロなたばこ屋さんが姿を現した。

自動販売機を撤去すると22年ぶりにレトロなたばこ屋さんが姿を現した。
昭和47年(1972年)ビル建設時に出店されたタバコ屋さん、平成3年(1991年)に閉店、同時に自動販売機が設置された。22年ぶりに再開発に伴い自動販売機を撤去すると、かつてあったレトロなたばこ屋さんが姿を現した!(2013年4月撮影)現在は存在しません。街の歴史遺産として移築してでも保存しておけばよかったのに。当時、ツイッターでも話題となりました。

善本喜一郎インスタグラム「身近かな絶景」ノスタルジック編
http://instagram.com/kiichiro.photo/
今後も昭和なノスタルジック風景をupします。
応援フォローよろしくお願いします。