国道駅(JR根岸線)

猛暑であったが、高架下改札階は風が通り抜け、心地よかった。
1930年(昭和5年)鶴見臨港鉄道の駅として開業、そのまま残る駅舎。