紅一点(深大寺城跡)

M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

深大寺城跡からの眺めです、緑の樹々の間から紅葉が見えました。城山跡は水生植物園内にあり、空堀や土塁を確認することができます。平日は訪れる人も少なく貸切状態、贅沢に城主な気分を味わえます。笑 

雨が降りそうな曇り空、柔らかな光なので空も白トビもなく、パープルフリンジもそんなに発生せずに撮れました。ワークショップでは、このような風景写真を撮る場合のテクニカルな注意点もアドバイスいたします。

パープルフリンジとは
晴天の明るい空だったら白トビし、明暗差が大きい空抜けと枝の交差箇所などにパープルフリンジと呼ばれる偽色が発生します。デジタルカメラ特有の現象で、センサーの受光部であるフォトダイオードに大量の光が入射した場合、光があふれた状態になり、隣接するフォトダイオードに干渉してしまうことが原因です。被写体の高輝度部分に隣接する低輝度部分に本来ない色(偽色)が発生し、その多くが紫色の縁取りとなるため、パープルフリンジと呼ばれています。僕はフォトショップやライトルームなどの画像処理(ソフト)を使って補正してます。

ベストな紅葉シーズンに撮影ワークショップ開催!

紅葉の深大寺 神代植物公園撮影ワークショップ

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。

ディファレンシャルフォーカスとは

使用レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO

即位を祝う日本晴れ。10月頃から開花し、冬の間も小さい花が断続的に咲く神代植物公園の「十月桜」が、まだ咲いていました。2日前にupしたアウトフォーカス椿の写真に続いて「十月桜」もアウトフォーカス、ディファレンシャルフォーカスで撮ってみました。レンズを通して生まれる鮮明さとボケの織りなす妙がおもしろいです。

ワークショップではこのようなディファレンシャルフォーカスやパーンフォーカスなどフォーカスポイントと被写界深度、絞り、レンズの選択、光と影などについても解説いたします。

絞りを小さくし、画面全体にピントを合わせるパン・フォーカスと、絞り大きくし、画面の一部だけにピントを合わせるディファレンシャル・フォーカスなどカメラとレンズによってもたらされる視覚世界は、人間の眼とは似て「非」なるものです。

http://kiichiroyoshimoto.jp/2019/11/09/紅葉の深大寺-神代植物公園撮影ワークショップ/

善本喜一郎展覧会「JINDAIJI The Four Seasons」の舞台となった深大寺、神代植物公園での紅葉撮影ワークショップです。作品の現場で、僕の作品もご覧頂きながら撮影に対する姿勢、メソッドを解説いたします。そして皆で実践撮影となります。ご参加頂く方のスキルに応じて、目からウロコのワークショップにしたいと思います。
JINDAIJI撮影ワークショップ 参加ご希望日をお選びください。(複数可)
開催日: いずれの日も10:30~14:30で開催(途中昼食休憩あり)
第1回:11月28日(木)深大寺・神代植物公園・都立農業高校 神代農場(予定)
第2回:12月 1日(日)深大寺・神代植物公園
第3回:12月 7日(土)深大寺・神代植物公園
第1回目のみ特別公開される都立農業高校 神代農場にご案内します。(予定)
詳細は HPをご覧ください。
http://kiichiroyoshimoto.jp/2019/11/09/紅葉の深大寺-神代植物公園撮影ワークショップ/

色鮮やかな北海道の秋

土曜日(10/26)はAPA北海道支部大会に参加してきました。支部会員、賛助会社5社ご参加もあり交流も深まり、充実の支部大会でした。参加された北海道支部会員、賛助会社ご担当者様ありがとうございました。北海道は紅葉が見ごろでした。翌日は朝から大滝北海道支部長、松本副支部長が「国営滝野すずらん丘陵公園」方面へ案内してくれました。色鮮やかな北海道の秋を堪能しました。

「厚別の滝バス停」前に歴史ある木造のお店「ふせ食品株式会社」
バス停の名の通り、「厚別の滝」の前に建つお店ですが、滝との間にフェンスが張り巡らされ、滝を見るには「国営滝野すずらん丘陵公園」へ大きく迂回しないといけませんので、バスで行かれる方はご注意を。
昭和23年頃から約70年この地で営業、現役です!文化財級です。
「厚別の滝」は、アイヌ語アシリベツ(新しい川)に由来。

明治時代に建てられた赤レンガの開拓館
サッポロビール園で名物のジンギスカンを食べて帰路に就く。

何故か? ひまわりが咲いていてびっくり! 笑
(この写真のみiPhone)

展覧会 イベント巡り

今日は、APAで打ち合わせ後、高井さんと、ギャラリー巡り→フォトエッジへ
新宿から丸の内へ移転したエプソンスクエア丸の内のエプサイトへ
APA名誉会員 上田義彦氏の展覧会へ

上田義彦 写真展「風景の記憶
64インチ(1626×1500 mm)に伸ばされた作品は迫力とともに見応えがあります。
2階には展示されていた64インチのプリントなどを出力するプライベートラボがあります。伸ばしたい作品データーを持参すれば、ご自身でプリント制作ができます。(有料、完全予約制)

続いて、丸の内の富士フィルムイメージングプラザ企画写真展「Pure Photography」
9月20日に開発を発表したミラーレスカメラの新製「FUJIFILM X-Pro3」の正式発表に合わせ、13名のプロ写真家による写真展です。X-Pro3で撮られた作品をフジカラープロフェッショナルペーパー印画紙に大伸ばしされ展示。APA会員では名誉会員の繰上和美氏、APA理事の織作峰子さん、正会員のHASEO氏が出展されています。HASEO氏のポートレイト作品、モデルの表情、雰囲気とともに肌のトーンが美しかったです。APS-Cサイズとは思えない解像感を感じました。

最後にAPAが後援している「Photo EDGE Tokyo」へ
写真・映像業界のプロフェッショナルのためのイベントです。
雨にもかかわらず熱心な参加者で会場は大盛況でした

APA白鳥真太郎会長も懇親会から参加されました。11月1日よりキヤノンギャラリー Sで開催される白鳥真太郎写真展「白鳥真太郎 広告写真館」と同時に発刊される出来たての作品集も拝見させていただきました。
白鳥真太郎写真展「白鳥真太郎 広告写真館」
白鳥真太郎 広告写真館(玄光社)

異次元の高画質、世界最高1億2百万画素で撮った「身近な絶景」ノスタルジック編

【告知】APAプロフェッショナルセミナーVol.22
異次元の高画質、世界最高1億2百万画素のラージフォーマットセンサーを搭載。革新的ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX100」セミナーがAPA本部にて開催されます。APA正会員7名(予定)によるインプレッションです。フジカラープロフェッショナルペーパー印画紙に大伸ばし(A1またはA2)して展示もされます。
私は「身近な絶景」ノスタルジー編「鶴見線国道駅」を撮影しました。A1サイズに伸ばしたプリントからは券売機路線図の駅名も楽々読み取れます。撮影は手持ち、シャッタースピードは1/120、驚きの手ぶれ補正機能、異次元の高画質を実際にご覧ください。(お詫び訂正:1/55は1/120に訂正いたします)

新設計の小型軽量、高剛性ボディ、防塵・防滴・耐低温構造、新型のラージフォーマットCMOSセンサーX-Processor 4、ボディ内手ブレ補正機構搭載、「16bitRAW」記録、センサー全面像面位相差AFなどの内容をご紹介します。 

内容
1 富士フイルム株式会社担当者による製品説明
2 APA正会員によるインプレッション
3 タッチ&トライ

APAメンバーによる撮影した写真の展示

日時 2019年10月19日(土)
14:00(13:30受付開始)~16:30(終了予定)
会場 APA本部(地図)
参加無料・要事前メール登録
APA 会員でなくても、どなたでも参加できます!
参加お申込み、詳しくはAPA HPをご覧ください。

http://www.apa-japan.com/news/2019_04.html#191019

リコー GRIII WORLD (日本カメラMOOK)

明日8月29日発売!
リコー GRIII WORLD (日本カメラMOOK)
ギャラリーページに私の作品がカラー6ページ掲載されます。
「相手を構えさせないGRとの小さな旅」と題して、
観光案内にも載っていない「身近な絶景」を撮りおろしてます。
時代を超える、スナップシューター
GRにご興味のあるかたは、是非ともお求めくださいね、よろしくお願いいたします。

リコー GRIII WORLD (日本カメラMOOK)
アマゾンへリンクしてます。

「私とPENの10年10人展」トークショー開催(オリンパスギャラリー大阪)

東京での展示

7月20日(土)オリンパスギャラリー大阪「私とPENの10年10人展」でフォトグラファーの福井麻衣子さんとトークショー開催します。それぞれの作品やカメラ、写真術を語ります。ご都合よい方は是非ともご来場くださいませ。関西の皆様遊びに来てくださいね^_^

7月20日(土)トークショー
13:00〜13:30 福井麻衣子さん
13:45〜14:15 善本喜一郎
15:15〜16:00 福井麻衣子さん、善本喜一郎

「私とPENの10年10人展(オリンパスギャラリー大阪)

今回の「私とPENの10年10人展」で、私はJINDAIJIシリーズからPen-Fで撮影した作品をモノクロームA2サイズ出力し、4点出展しました。小さくてもシャープで高画質なマイクロフォーサーズセンサー、その実力をフルにプリントに表現するために、Canonのプロフェッショナルプリンター image PROGRAF Pro-1000使用。用紙はILFORD GALELE GOLD FIBRE SILKを使用しました。
バライタ紙独特の面質と質感、シルキーな黒とクリーミーな白を再現したモノクロームプリントを、是非とも会場でご堪能くださいませ。また、トークショーでは、そのプリントワークフローや1月にオリンパスギャラリー東京で開催した「JINDAIJI Part2」展作品を上映しながら僕の「身近な絶景」撮影論をお話しいたします。

GR クロップ機能

トリミング前提で撮影するか。ノートリミングの構図にこだわるか?
GR IIIとなってAPS-Cサイズ相当CMOSイメージセンサーは有効画素数約2424万画素となりました。GR II比で約1.5倍に相当する高画素と、高解像のレンズ特性を活かしきるローパスフィルターレス構造により、ディテールまで高精細な描写を実現しますので、「クロップ」機能を使うとデフォルト28mmのほかに、35mmと50mmの画角でも写真が撮れ便利です。(35mmフルサイズ換算)
デフォルト28mmでは約A3相当まで、50mmクロップしても約A5相当まで印刷可能な解像度です。当然、SNSなどのweb使用では充分な解像度です。
クロップ(crop)とは「刈り込む、切り落とす」 などの意味です。カメラでクロップとは撮影時に撮像素子の一部分のみで画像を捉えることをいいます。対照的に撮影後に画像の一部を切りとることをトリミングといいます。どちらも画素数は減るものの疑似的にズームアップした画像が得られます。撮影時から意図した画角で撮影したい時に有効です。

デフォルト 28mm:約2424万画素(6000x4000pixel)435x290mm(350dpi)
クロップ  35mm:約1536万画素(4800×3200pixel)348x232mm(350dpi)
クロップ  50mm:約752万画素 (3360×2240pixel)244x163mm(350dpi)

Fnキー(ファンクションキー)にクロップ機能を割り当てれば、キーを押すだけで28mm→35mm→50mm と3つの画角に切り替わります。
クロップすると構図内の明暗の割合は変化しますので、カメラの示す適正露出も変化します。撮影後にトリミングでは画像の明暗調整等も必要となりますが、クロップでは撮影時に適正露出となります。

ビジネスに役立つリコーGR ワークショップを開催します。

<日時> 2019年7月26日(金) 15:00~17:00
<開催場所> リコーイメージングスクエア新宿 フォトサロン
<定員>10名(先着順)
<受講料> 10,800円

ビジネスシーンでのGR使いこなし術を解説、実践します。
広報担当者必見です!GR貸出しあり、ぜひご参加ください。
詳しくはリコーイメージングHPをご覧ください→http://bit.ly/2XiZJ1A

ビジネスに役立つリコーGR ワークショップ(リコーイメージング)

2019年7月26日(金) 15:00~17:00 開催
ビジネスに役立つリコーGR ワークショップ
広報担当者必見!

ビジネスシーンでのGR使いこなし術をカメラマンが解説、そして実践。
広報担当者が様々な社内の催しを写真撮影し、会社案内や社内報、HPやSNSにアップする機会が増えています。イベント、記者会見撮影、インタビューカット、集合写真などあらゆるシーンに対応できるGR
カメラのメカニカルなノウハウだけでなく、「写真を撮るとは」、「ビジネスシーンに求められている写真とは」など、善本喜一郎の30余年の経験に基づいた方法論を伝授いたします。
GRお貸出しあり。

<スケジュール(予定)>
15:00~16:00 ビジネスデジカメ基礎講座、GR講座
16:00~16:40 GR実践撮影術
16:40~17:00 質疑応答・写真診断(受講者の会社での写真使用事例を診断、アドバイス)

<開催場所> リコーイメージングスクエア新宿 フォトサロン
<定員> 10名(先着順)
<受講料> 10,800円(税込)

お申し込みはこちら
https://ricohimagingstore.com/s0098372workshop-190726a.html

RICOH デジタルカメラ GRIII GRIII APS-CサイズCMOSセンサー リコー GR3 15041

「私とPENの10年10人展」トークショー(オリンパスギャラリー東京)

今日はオリンパスギャラリー東京「私とPENの10年10人展」にて福井麻衣子さんとのトークショーでした。多くのご来場ありがとうございました。写真への取り組み方などに共感できる箇所もあって、福井さんと楽しくお話しさせていただきました。次のステージ、なぎら健壱さんと飯田鉄さんとの味のあるトークショーも聴けて楽しめました。記念すべきPEN10周年の展覧会に、そしてトークショもお声がけいただき光栄です。PENの魅力、写真の楽しさが伝わっていれば嬉しいです。

オリンパスギャラリー東京 「私とPENの10年10人展」は7/3(水)まで開催してます。7/12からはオリンパスギャラリー大阪でも開催します。7/20(土)には、ふたたび福井麻衣子さんとのトークショー開催します、楽しみです。関西の皆様遊びに来てくださいね^_^
https://fotopus.com/event_campaign/showroomgallery/detail/c/1977